ドアのノックはゆっくりと

札幌市の鍼灸院 快気堂鍼灸院白石で紡がれる物語

*

Jazzと鍼灸 (2) 二つの世界の革命前夜

      2017/06/08

Jazzと鍼灸02

前回のブログで、ジャズと鍼灸は似ているというお話をしました。

Jazzと鍼灸(1)鍼灸師はJazzがお好き?Jazzと鍼灸の意外な共通点。

成り立ちや性格が似ているのなら、歩みも似てくるはず。ということで、jazzの歴史を振り返る事で、鍼灸の未来を占ってみようというのが今回のお話です。

鍼灸師にとって現代は幸福な時代?

現在、鍼灸は、医療としての完成図が見え始めています。アメリカでは年間1億ドル以上の研究予算が投じられ、科学の権威であるNatureに鍼治療の論文が掲載されるまでになりました。

また、2006年にはWHO主導で鍼灸世界会議が開催され、それまで各国バラバラだったツボの位置も統一されました。

国内でも鍼灸は国家資格となり、大学が設立されるなど、教育の面でも確立されてきています。

こう見ると、現代は、不安なく鍼灸道を極めるために全力を尽くせば良い幸福な時代に思えます。しかし、現実にはそうではありません。鍼灸院のホームページを幾つか見ればわかるように、巷では流派が乱立し、治療法もバラバラです。

一体、どうしてこのようなことになっているのでしょうか。

私は、この状況が、1950年代後半のジャズシーンに似ていると思うのです。50年代、ジャズは理論と本能の融合に成功し、完成の域に達しました。と、同時に行き詰まってもいました。

完成するということは、それ以上の発展も望めないということになります。「完成」すなわち「停滞の始まり」でもあるのです。

ジャズは、この行き詰まりをどう乗り越えたか、その流れ追うことで、これからの鍼治療の方向性を探ってみたいと思います。

楽曲と演奏の完成。

1950年代、ジャズは楽曲の面でも、演奏の面でも完成し、隆盛を迎えると共に、行き詰まりを見せていました。

まず、40年代初頭までに、デューク・エリントンやグレン・ミラーを中心とするスゥイング・ジャズの旗手たちによって、ジャズが楽曲として完成します。

この時代、楽曲としての完成度が重要視されたため、アレンジャー(編曲者)やビッグバンドのリーダーがムーブメントの主役でした。

「A列車で行こう!」「In the Mood」など、「この曲知ってる!」「これこそジャズ!」といった楽曲群が生み出されていきます。

A列車で行こう

In the Mood

ビバップの誕生

理論的に楽曲が完成してしまうと、演奏する方は毎回似たような演奏を繰り返すことになり、もっと自由に表現したいという本能的欲求が強くなります。

そんな中、40年代中盤から、チャリー・パーカーを中心に、アドリブ演奏に重きを置いたビバップが生まれます。

ビバップ時代は、時代の主役の座が、アレンジャー(編曲家)から、プレイヤー(演奏者)に移りました。

Hot House

曲を演奏する際、メロディーやテーマにとらわれることなく、表現や技巧を凝らしたアドリブ演奏をするのがビバップの醍醐味です。しかし、勝手気ままに演奏するだけでは、ジャズらしい気持ちの良いアンサンブルは失われ、聞く方の共感を得られないノイズに近くなってしまいます。

ノイズではなく、ジャズらしさを残して、自由に演奏したい!この欲求を満たすため、チャリー・パーカー達、ビバップの旗手達は、演奏する際のジャズらしさの源として、コードに注目しました。

コードって何?

音楽で最小の単位は「ド」や「レ」などの単音です。「ド・ミ」や「ソ・レ」などのように単音が2個以上重なるとハーモニーが生まれます。

そして、「ド・ミ・ソ」や「レ・ファ・ラ」など、3個以上ハーモニーが重なると、明るい、暗い、安心感、不安感など、ハーモニーに性格が出てきます。性格が出るので、名前をつけてコードという単位を設けました。

ジャズを含めたポピュラーミュージックは、コードの組み合わせで曲ができています。

曲の性格はコードの種類と、組み合わせの順番で決定されていきます。この、組み合わせの順番をコード進行と言います。

こういったコードに関する理論が、ポピュラーミュージックの音楽理論の中心です。

ヒット曲とコード進行

音楽理論の誕生以来、色んなコード進行が試されたと思いますが、ヒットする映画のストーリーにパターンがあるように、人が感動するコード進行のパターンも、ほぼ決まっています。

ちなみにJ-popでも、ヒット曲のコード進行はほとんど同じ!というのが芸人のネタになっていたりします。(今のJ-popのヒット曲が、皆同じに聞こえるのは歳のせいだけだはない、、、、と信じたい40歳です。)


絶対に売れる悪魔の作曲法【やりすぎ都市伝説】 投稿者 varietiesch

 

スゥイング・ジャズの時代、ジャズらしいコード進行というのが確立しました。確立した結果、ヒット曲は量産されますが、新曲を聴いても、どこかで聞いた感じは拭えなくなります。

ビバップの挑戦と完成

チャリー・パーカー達は、このマンネリ感を乗り越えるため、コードの解釈の拡張に挑戦します。曲で使われているコードは変えないが、色んな解釈を加えることで、アドリブ演奏に使える音を増やしていこうという挑戦がなされました。

コードにジャズ特有のテンションノートを多用したり、コード進行をより細かく分解したり、似たコードを持つ他の調整へ瞬間的に転調したり。

これら、複雑で高度な理論が必要とされる作業を、チャリー・パーカー達は高速でアドリブ演奏するという離れ業をやってのけ、聴衆の度肝を抜き、熱狂の渦を呼び起こしました。

しかし、どんなに解釈を複雑化していっても、コードの呪縛から逃れたわけではありません。1950年代中盤には、あらゆるコード解釈の可能性が試し尽くされ、ビバップの演奏理論は完成し、限界も見えてきました。

結果、自由な演奏のはずなのに、「どこかで聞いたことがある」感がまたしても蔓延し、皆が行き詰まりを感じ始めていました。

この行き詰まりを打破し、ジャズに自由で新しい、芸術としての価値を取り戻そうと、さらに様々な試みが行われ、ジャズのジャンルが乱立します。

この、乱立具合、現在の鍼灸の状況に似ていると私は思うのです。

鍼灸の完成

鍼灸の理論の紀元は2000年前に遡ります。紀元前100年頃に書かれたとされる「黄帝内経」に鍼灸の理論が詳しく掲載されています。

ただ載っているだけではありません。とても高い完成度で書かれているのです。

そして、なんと、21世紀の現在、この理論は全く変わっていないのです!!つまり、鍼灸の理論は2000年前という大昔に完成してしまっているのです。鍼灸におけるスゥイング・ジャズ期は2000年前なのです。

IMG_9499

その後、様々なタイプの治療術が出てきますが、現在も残っている鍼治療の理論のベースは、ほとんど黄帝内経の理論です。

それらの治療法の違いというのは、黄帝内経の理論の解釈の違いでしかないとも言えます。

そう考えると、鍼灸のジャズでいうビバップ期(解釈の拡張期)は2000年と、途方もない長さとなりますね。

 

現代の鍼灸

こうやって2000年繰り返してきた鍼灸のビバップ演奏、どうして今になって解釈が完成し、行き詰まりを見せているのでしょうか?それは、秘伝というベールが剥がされたからです。

一昔前までは、鍼灸の技術や知識は一握りの人たちが独占するものでした。書物を読める人間が限られていた上に、名人と言われる人に実際会って、治療を体験したり、習得したりするのも難しい時代でした。

そのため、解釈がバラバラであったり、「こんな難病に効いた。」といった話も確認しようがなく、鍼灸の本当の効果さえも曖昧なものでした。

現代は、書物は誰でも手に入れられる時代になりました。また、秘伝と呼ばれていたものも、書物やDVDなどの映像、インターネットで共有できるようになりました。

研究に関しても、結果はすぐに共有され、幾度もの再現実験で効果を検証されます。白日のもとに晒された鍼灸は、多くの人が正確な姿をつかめるようになり、医療としての信頼性が世界中で認められるようになりました。

鍼灸らしさ

西洋医学的手法も含め、様々な研究や検証が行われていく中で、鍼灸らしさというものも浮き彫りにされていきます。

西洋医学でも、患部に針を刺すことで、鎮痛効果を狙うドライニードリングという治療法も生まれたりしています。しかし、こういった、痛いところに針を刺して、時には電気を流して鎮痛を狙う、といった単純な作業と、鍼灸治療は一線を画しています。

その違いは、「ツボ」と「経絡」という黄帝内経以来続く概念にあります。つまり、「ツボ」と「経絡」こそが、鍼灸らしさの源であると言ってもいいと思います。

IMG_9497

ツボと経絡

ツボとは、鍼灸治療をする上で最小単位となるものです。ツボは基本的なもので360あり、特殊なものを入れれば、無数に存在します。体の異常は、このツボに変化を与えます。鍼灸師は、このツボの変化で体の不調を探り、また、ツボに鍼や灸をすることで治療をします。ツボは診断点であり、治療点でもあります。

経絡とは、気や血の流れる通り道です。人体には大きな12本の通りが流れていて、細かな通り道がそれらに絡み合い補っています。経絡は体の内外を貫き、筋肉や関節、臓腑(内臓)を連絡しています。体の表面にあるツボを刺激して、内臓の調子が整えられるのも、経絡が内臓と皮膚の表面ををつなげているためです。

足三里というツボは足の陽明胃経という経絡、三陰交というツボは足の太陰脾経という経絡、というように、ツボは経絡上にあるとされ、それぞれの経絡に属します。個々の経絡は、熱を持ちやすいとか、イライラすると乱れやすいとか、各々特徴的な性格を持っていて、それに属するツボにも同様の性格があるとされます。

この、ツボと経絡の関係、ジャズの単音とコードの関係に似ている気がしませんか?
主要な経絡の数が、音階の数と同じ12なのも興味深いですね。

革命前夜

西洋医学でツボを記述する際も、経絡の頭文字に、経絡で何番目かのツボかという番号をくっつけて記述します。(足三里はST36<足の陽明胃経の36番目のツボ>と表記)つまり、西洋医学的研究でも、経絡理論を中心において研究が進められているということです。

現代までの鍼灸治療というのは、黄帝内経以来続く、経絡理論の解釈を様々な方法で繰り返してきたと言ってもいいと思います。そして、研究や知識の共有が進み、2000年かかってやっと、解釈作業は完成しようとしています。と、同時に、経絡理論の限界も見えて来てしまっています。

しかし、1950年代のジャズ・ミュージシャンが、完成の向こうに、まだジャズの進化の余地があると感じていたように、現代の現場にいる鍼灸師も、鍼灸の経絡理論を超えた可能性を、臨床において感じています。

ジャズはどうやって、コードの呪縛を乗り越えたのか?
鍼灸は経絡理論の呪縛を解き放てるのか?
またしても長くなりましたので、怒涛の?クライマックスは次回に譲りたいと思います。

Jazzと鍼灸(1)

Jazzと鍼灸(3)

札幌市白石区の鍼灸院:快気堂鍼灸院白石

ご予約・お問い合わせはこちらから

【電話】011-598-9049(完全予約制)

ネット予約をする

【営業時間】9:00~20:00 (最終受付18:00まで)
【定休日】日曜・月曜・祝日
【住所】札幌市白石区本郷通2丁目北5-17 / アクセス

快気堂鍼灸院 / 院長プロフィール / はじめての皆様へ / 料金

美容鍼灸はこちらへ: 美容鍼灸専用サイト

【投票ボタン】

続きに興味のある方は応援でクリックしてください(1日1クリック有効)

2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 - 鍼灸, 音楽

336

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

腹痛ソムリエ vs 鍼治療

試合開始 AM3:30。いつも通りの時間に目覚めた私は、早速、朝のルーチンワーク …

鍼灸師は自分に鍼治療をする?

鍼灸師って自分に鍼をするの? 「先生は、自分にも鍼をするんですか?」と患者さんに …

決戦、保健所での死闘!?

  保健所に鍼灸院の開設届けをして来ました。 一般的な話題ではないですが、これか …

健康のために見てはいけないテレビ番組5つの特徴

治るのが早い人と遅い人 快気堂鍼灸院白石も開院以来、3年が過ぎようとしています。 …

快気堂鍼灸院白石2周年!10大ニュースで振り返る。

みなさん、こんにちは。札幌市白石区にあります、知る人ぞ知る鍼灸院、快気堂鍼灸院白 …

話題のSTAP細胞発見の凄さをニンテンドーDSで例えてみた。

みなさん、こんにちは。北海道札幌市白石区にある手作り鍼灸院・快気堂鍼灸院白石の谷 …

ときめく40代。「整動鍼セミナー基礎臨床編」に参加してきました。

7月24・25日と、「整動鍼セミナー基礎臨床実践編」に参加してきました。 今回の …

鍼灸をめぐる冒険(5)経絡治療という母星からの旅立ち

(4)のつづき 経絡治療の活躍 経絡治療を中心にした施術はそれなりの成果を出して …

NHKスペシャル「腰痛・治療革命」を見て。(後編)対決!? 最先端の認知行動療法 vs 活法

前回のブログで、NHKスペシャル「腰痛・治療革命〜見えてきた痛みのメカニズム〜」 …

結婚相手に鍼灸師をオススメする5つの理由

不眠と深夜の腹痛 「鍼灸師でよかったなあ」と思うことは沢山ありますが、妻の治療が …