ドアのノックはゆっくりと

札幌市の鍼灸院 快気堂鍼灸院白石で紡がれる物語

*

活法が出てくる話題の小説、宮部みゆきの『荒神』を読んでみたよ。

   

宮部みゆきさんの『荒神』を読みました。

読もうと思ったきっかけは、この本に<活法>が登場すると聞いたからです。ブログでも何度か取り上げていますが、<活法>とは、私が現在取り組んでいる戦国時代から伝わる整体術です。

活法がもたらす進化する鍼灸。おれは人間をやめるぞ!ジョジョーッ!! 

活法とはどんなものか、『荒神』本文ではこう説明されています。

「あれは、<活法>という技でしてな」

かつてはは格別珍しいものではなかったと、宗栄は言う。〜

 

「戦さ場の侍達が、次の戦でも満足に動けるよう、疲れて痛む身体を整えるために、互いに工夫して掛け合った技なのです。」

 

だから、戦続きの世の中では、武士達のあいだで広く知られていたという。

 

「矢傷や刀傷、骨折などは治せません。しかし疲労からくる凝りや攣れ、捻って痛めたところならば、急場をしのぐぐらいには癒せるし、治せる。これは大事なことなのです。勝ち進んでいるときはもちろんですが、戦場では、敗走する時も、できるだけ多くの兵士が自力で動けるほうがいい。」

私は活法研究会に所属しています。活法にも色々流派が存在するのですが、活法研究会で採用されているのは碓井流活法と言います。

鍼灸師のための整体勉強会 – 活法研究会

宮部先生は、この、活法研究会に所属する会員さんの治療院で、<碓井流活法>を受けられたとのこと。

帯を見ると、『荒神』は、週刊朝日の「歴史・時代小説ベスト10」で第1位、宝島社の「この時代小説がすごい(2015年度版)」で第2位だったとのこと。

日頃から、<活法>みたいに良い治療術がもっと普及すればどんなに良いか、と思っている私にとって、人気作家の作品で、世間の評価も高いものに、<碓井流活法>が登場するとあっては、これを読まないわけにはいきません。

私の宮部みゆき体験

恥ずかしながら、宮部みゆきさんの作品をほとんど読んだことがありませんでした。知り合いに借りた『模倣犯』を途中まで読んでほったらかしにしてある始末です。

しかし、今回読んでみて、当たり前ですが、文章力が半端なく高く、惹きつけられる表現が満載で、人気がある理由がよくわかりました。

若い頃は、ロッックンローラーや革命家に憧れ、「メジャーなもの」というだけで、いろんなものをバカにしてきましたが、常に第一線にいるということは、とても凄いことです。人気があるのには、それなりの理由があるんだと、しみじみ感じる今日この頃、宮部みゆきさんの他の作品も、是非読みたくなりました。

面白いファンタジー小説の条件

物語は、平和な江戸時代の中頃のお話です。東北地方の山奥の小さな二つの藩に、人智を超えた怪物が現れて大災害を起こし、主人公たちがこれに立ち向かっていくという、いわゆるファンタジーです。

これだけ見ると、全然面白くなさそうです。劣化版『もののけ姫』かよ、と読むモチベーションもイマイチ盛り上がりません。

しかし、さすが宮部先生、読み始めると、ぐいぐい引き込まれます。

一見、クソつまらなそうな内容なのに面白い理由は、二つあると私は思います。

一つは、リアリティー、もう一つは、ミステリー要素です。

リアリティーの効用

IMG 6451

ファンタジーやSFこそリアリティーが重要と、シナリオ作りの教科書で読んだ事があります。ファンタジーやSFは、自由な発想がどこまでもできてしまいます。そこが魅力ですが、あまりにも荒唐無稽になりすぎると、読み手の感情移入がしづらくなる危険性があります。

”銀河の彼方で、超能力でなんでもできる、見た目はキッチンタイマーみたいな人類が1兆人存在し、そのうち800万人が、わずか三人の鳥人間にミルクティーのような液体をかけられて死んだ”

なんて話を読んでも、全く悲しくなりません。

重要なのは、そこにしっかりした、生活や、人生の営みが存在するという息遣いが感じられることです。

キッチンタイマーのような見た目であっても、小さな3歳の娘がいて、いつも寝かしつけに苦労したり、なかなか取れないオムツに悩んだり、スーパーでの買い物中、娘が言うことを聞かず、いらない商品を持ってきてしまい、思わず声を荒げて叱ってしまったことを後悔したり、そんな日に限って、夜寝る前に、「ママ、ごめんね。大好きだよ」と言われて、泣いちゃったり。そんな、共感ポイントがあるからこそ、娘を残して突然死んでしまったら、悲しく感じるのです。

IMG_6445

『荒神』は江戸時代のお話です。宮部先生は、その時代、その地方の風俗や文化、風習、独特の物の考え方など、丁寧に描写していきます。

そのため、序盤はなかなかストーリーが進まず、読みづらい感じもあるのですが、そこを過ぎてしまえば、まるで、その時代に自分がタイムスリップしたかのように感じられ、物語世界にどんどんのめり込んで行けます。

ミステリーの推進力

大きな謎があり、それを追っていくというのは、物語の強い推進力になります。今回の謎は、「怪物」です。こういう怪物は、訳が分からないほど怖くなります。怪物以外のお話のリアリティーが、高ければ高いほど、相乗効果で訳のわからないものの恐怖は強くなります。

江戸時代の話ということもあり、登場人物たちは情報が圧倒的に不足しています。怪物は目撃証言などの断片的な情報しか得られません。その情報が、とにかく想像を超えたものなのです。インターネットなどない時代、調べることもできず、恐ろしい断片的な情報だけで怪物に迫っていかなければならない恐怖が、読む方にもビンビン伝染してきます。

さすが、宮部先生、ミステリーはお手の物です。明らかになっていく情報のタイミングや量がバランス良く、物語の推進力は中盤にかけて、どんどん上がっていきます。しかし、逆に、怪物の正体がある程度つかめるようになると、恐怖も急激に縮小し、物語の力も弱まってしまう感じがしました。新聞連載だったので、締め切りの関係とかで、後半、余裕がなかったのでしょうか。

ただ、最後に明かされる怪物の正体は、全くの予想外で、ちょっと驚きました。

活法はどう扱われたか?

さて、最大のポイント<活法>です。活法は2箇所出てきます。寝違いのような首の痛みと、腰痛の治療が描かれます。

使われている技も。「坐骨切り」「肩甲骨の導引」と、なかなか面白い選択です。これらの技を受けて、効果に衝撃を受けている宮部先生を想像すると、ちょっと微笑ましくなります。

94122

『坐骨切り』と『肩甲骨の導引』画像は活法研究会さんのサイトからお借りしました。

さて、小説での<活法>の役割は、先ほど述べたリアリティーの補強にあると思います。その時代の治療法として、詳細に描くことで、物語世界の厚みを出そうといった狙いだと思います。

ただ、どうでしょう、実際もそうなのですが、活法の効果って、ちょっと浮世離れしたところがあります。

足の付け根を調整すると首の痛みがとれるとか、体験したことのない人にとっては、実感しにくいものではないでしょうか。<活法>が現実感の補強に役立っているかどうか、心配です。

まあ、実際、そうなんだから仕方ないですけど。

<活法>未体験な方の意見も聞いてみたいですね。ぜひ、お読みになって、感想聞かせてください。

札幌市白石区の鍼灸院:快気堂鍼灸院白石

ご予約・お問い合わせはこちらから

【電話】011-598-9049(完全予約制)

ネット予約をする

【営業時間】9:00~20:00 (最終受付18:00まで)
【定休日】日曜・月曜・祝日
【住所】札幌市白石区本郷通2丁目北5-17 / アクセス

快気堂鍼灸院 / 院長プロフィール / はじめての皆様へ

【投票ボタン】

続きに興味のある方は応援でクリックしてください(1日1クリック有効)

2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 - 書評, 活法

336

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

NHKスペシャル「腰痛・治療革命」を見て。(前編) 知っておきたい腰痛2つの新常識

NHKスペシャル 「腰痛・治療革命」 遅ればせながら、NHKスペシャル 「腰痛・ …

成長と喜びは患者さんと共に。

咽頭癌発見。放射線治療後の後遺症からスタート Jさんが初めて来院されたのは、一年 …

鍼灸をめぐる冒険(13)患者さんが来ない理由を探せ!浮上への胎動。

(12)のつづき。 整動鍼・活法の導入!!しかし、、 体験会以降、3月に活法「骨 …

ぼくのかんがえたさいきょうの鍼灸院〜鍼灸師のあぶない冒険③

鍼灸の神様からのメッセージ 鍼灸師になろうと決意してから、開院4年目に変態するま …

無神論者が神に祈るとき(活法合宿2016レポート②)

洗脳(Brain Wash) 前回のお話 The Long Winding Lo …

鍼灸をめぐる冒険(11)整動鍼・活法1日体験会へ!!

(10)のつづき 兆しが見えたら舵を切れ! 快気堂鍼灸院白石滅亡までのカウントダ …

子育てと運動会

決戦!!年少運動会 9月10日は息子の通う白石保育園の運動会でした。 もうすぐ4 …

NHKスペシャル「腰痛・治療革命」を見て。(後編)対決!? 最先端の認知行動療法 vs 活法

前回のブログで、NHKスペシャル「腰痛・治療革命〜見えてきた痛みのメカニズム〜」 …

決定!『10分で子供が寝る絵本』との付き合い方。

前回までのお話 なかなか夜寝てくれない息子くん(3歳児)対策に、読み聞かせすると …

愛とは何か?(活法合宿2016レポート④)

All You need is Love 上の写真は、「愛とは何か」について悩む …