ドアのノックはゆっくりと

札幌市の鍼灸院 快気堂鍼灸院白石で紡がれる物語

*

内村航平選手の腰痛治療について考えてみた。

   

オリンピックハイライト

連日熱戦が続くリオ・オリンピック

今回私は、自分史上最もオリンピックに触れない生活を送っていますが、それでも、ニュースのダイジェスト映像などで、選手達の活躍を楽しんでいます。

今回のオリンピック、そんな私の最も心を動かされたシーン(まだ終わってませんが、、)は、内村航平選手が体操個人総合優勝を決めた瞬間です。

超人的な技術の完成度で、2度目の体操個人総合金メダルを手にした姿は、感動を超えて畏敬の念さえ抱きますが、私の心を動かしたのは、そこではなく、ちょっと変かもしれませんが、『最後の鉄棒の演技後、腰を痛めて顔をしかめる内村航平選手の姿』に私の鍼灸師としての感情が爆発したのです。

ニュース映像を見た瞬間、「鍼治療チャレンジしたい!」と思わず叫んでいました。

内村選手の腰痛を治療したい!!

Kazuhiroyoutuu

腰に手を当て、顔をしかめる内村選手の姿は、日頃、治療院で良く見る患者さんの姿です。痛めた部分や痛む動きもはっきりし、さらに、痛めた原因も明らかです。

これは、私が取り組んでいるハリ治療の新しい技術である整動鍼(セイドウシン)が得意とする容態です。治療したときの手触りもイメージとして浮かんできます。

私をはじめ、整動鍼使いなら、内村選手を種目別床で大暴れさせられるくらいに回復させられるのではないか!?という、期待と自尊心と好奇心がゴチャ混ぜになった感情が溢れ、もどかしさでワケもなく居間のソファーに拳を突き立てていました。

内村選手のチームには、トレーナーはもちろん、鍼灸師もいると聞きます。どのような結末になるのか、今回のオリンピックでダントツの興味を持って情報を追っていました。

結果、内村選手は種目別床に出場するまでには回復しましたが、完全とは言えない状況で、5位に終わりました(それでもすごいですけど)。

この経過を見ながら色々考えさせられるところがありました。

痛み止めと腰痛

急性の腰痛に対する一時的な対策として、最初に頭に思い浮かぶのは「痛み止め」ではないでしょうか。しかし、痛み止めのメカニズムを考えると、今回のケースでは最良の判断ではないと思います。

痛み止めがなぜ痛みを抑えるかについて考えてみます。ざっくり言うと、痛みを感じる脳の機能を薬で麻痺させるから、痛みを感じなくなるのです。

この「痛み止め」の問題は二つあります。

一つは、薬の副作用の問題です。痛み止めでは、腰の痛みを感じる脳の一部分だけをピンポイントで麻痺させることは非常に難しく、どうしても他の部分も麻痺してしまいます。そのため、だるさや、感覚の鈍さ、動きの鈍化を引き起こします。

内村選手のように、精密でパワフルな動きを必要とされる場合、わずかな感覚のズレや、動きのエラーが致命的になりかねません。

二つ目は、結局、痛み止めは治すわけではなく、痛みを一時的に誤魔化しているにすぎないということです。

腰痛が発生しているということは、何らかの問題があり、動かさない方が良いと脳が判断して痛みを感じさせているのです。痛みの感覚を麻痺させて、無意識に動かすと、問題が悪化し、より痛みが増したり、回復が遅れ、長期の休養を強いられる恐れがあります。

内村選手の種目別床での演技を見ると、痛みというよりは、着地で踏ん張れなかったり、感覚のズレが問題だったように見えたので、痛み止めを使った影響が出ていたのかもしれませんね。


my back has caught up with the rest of me / frankieleon

マッサージや指圧と腰痛

マッサージや指圧など、手技療法による腰痛施術の主流は患部への刺激です。腰痛の場合、腰の痛む部分を、揉んだり押したり、伸ばしたり、場合によっては電気や低周波などを流したりします。

しかし、今回、この施術も適当ではないと私は考えます。

腰痛をはじめ、痛みが発生している部分の筋肉は、ぎゅーっと固くなっています。なぜ、堅くなっているのかというと、「これ以上、外部から刺激を受けたらヤバいからガードしなきゃ!」ということで、防御反応により堅くなっているのです。

ここに刺激を加えると、防御反応で、よりぎゅーっと堅くなります。堅くなっているところを押し込むと、筋繊維が壊れます。場合によっては毛細血管が破れます。ひどい場合は炎症(モミ返し)という副作用が出ます。

でも、痛いところをぎゅーっと押すと、なんだか痛みが押さえられたり、痛気持ちよかったりする経験を持つ方も多いでしょう。

これは、あまりにも組織が壊れると、その情報で脳がおかしくなってしまわないよう、βエンドルフィンなどの脳内麻薬様物質が放出され、痛みが薄らいだり、イタ気持ちよいと感じてしまっているのです。

一時的(24時間〜48時間)な鎮痛作用は期待できますが、組織を壊しているので、回復は確実に遅れます。

日常のリラクゼーションとして、気持ちよさを求めるなら良いと思いますが、なるべく早い回復が求められる今回は避けた方が良いケースです。

SEIKOTU20150314120333 TP V

鍼治療はどうか

一般的な鍼治療もそれほど状況は変わりません。腰痛の場合、腰の痛むポイント、堅くなっているポイントを探し出し、鍼をし、場合によっては電気などを流します。

結局これも、局所における鎮痛作用を狙ったもので、根本的な解決にはつながりません。鎮痛効果も24〜48時間しか持たないと、論文で報告されています。

他の手技療法と同じく、麻痺による鎮痛効果の代償はだるさです。スポーツ選手が試合前にハリを嫌がるのは、このだるさが原因です。

唯一の利点は、強いマッサージや指圧より、筋肉に与えるダメージが少ないことくらいでしょうか。

OMG0I9A9238280133641 TP V

患部から離れて、全体を観る

従来の腰痛治療は、痛む箇所、或いは、解剖学的に痛む部分と関連する筋肉や神経にのみ原因を求めてきました。その結果、9割近くの腰痛が病院の検査で原因不明とされ、国民の悩む疾患一位の座に腰痛が長年鎮座し続けています。

しかし、一度、この「常識」から離れて、全身の動きのバランスに注目すると、腰痛の本当の原因が見えてきます。

私が取り組む整動鍼では、局所に鍼をせず、この本当の原因にアプローチしていきます。

結果、すぐに効果が実感でき、持続性も高いという、今までにない成果が出せるようになりました。

さらに、局所の筋肉をターゲットにしないので、ダルさも生まれず、回復も早くなるという、今回のケースにピッタリの特徴を備えています。

実際、先日、総合格闘技をしている方が、腰痛に悩まされて来院し、足にあるツボへの鍼2本で痛みが消失、その直後、ボクシングのトレーニングに参加したが、良いパフォーマンスを発揮できたと報告がありました。

スポーツへの貢献を考える

パフォーマンスを落とさずに、いや、むしろパフォーマンスを上げながら、痛みの治療ができる整動鍼は、スポーツの分野にも、まだまだ可能性が広がっています。

今回、内村選手を見ていて、「治療したいな〜」と思うのと同時に、「整動鍼の先生、だれかオリンピックに行ったら面白いのに」とも思いました。

しかし、オリンピック競技はアマチュアスポーツ。選手に帯同するトレーナーや治療家への報酬はものすごく少ない現状です。そのため、腕があり、すでに沢山の患者さんに必要とされている先生は、参加するメリットがほとんどありません。

それでも参加するのは、よっぽどスポーツが好きか、オリンピック選手専属という肩書きに強い魅力を感じるか、いずれにせよ、臨床の実績とは関係ない部分が関わってきてしまいます。

東京オリンピックに向けて、強化策として、凄腕鍼灸師に十分な報酬を与えるような施策をとったら、世界が驚くような結果が待っているかもしれません。

JOCさんどうでしょう!?

快気堂バナー

【投票ボタン】

続きに興味のある方は応援でクリックしてください(1日1クリック有効)

2つのランキングサイトにエントリーしています。 にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 - 整動鍼, 腰痛, 鍼灸

336

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

鍼灸をめぐる冒険(8)〇〇治療器 vs 鍼灸師の手

(7)のつづき スー◯ーライザー様との逢瀬 一ヶ月の間、スー◯ーライザーを使い、 …

整動鍼セミナー脊柱編。谷地一博、学んで、叫んで、何かをもらう。

整動鍼のもたらす治療感覚の変化 5月8日、9日と整動鍼セミナー脊柱編B日程に参加 …

一周年を迎えました!〜鍼灸専門は食えないって本当!?〜

みんさんこんにちは。札幌市白石区にひっそりと存在する小さな手作り鍼灸院、快気堂鍼 …

つらい夜中の咳には玉ねぎとツボが効果的?

冬の気配とともにやってくる、招かれざる客「夜中の咳」 早いもので11月になりまし …

快気堂鍼灸院白石2周年!10大ニュースで振り返る。

みなさん、こんにちは。札幌市白石区にあります、知る人ぞ知る鍼灸院、快気堂鍼灸院白 …

1月で3.1kg減。メディカルダイエットはゆっくりと。

メディカルダイエット導入1ヶ月の報告 みなさんこんにちは。札幌市白石区にあります …

祭りだ祭りだ!上田祭りの4日間

みなさんこんにちは!札幌市白石区にあります、お祭りとは何気に縁が深い鍼灸院、快気 …

鍼灸をめぐる冒険(4)はじまりの地、経絡治療

(3)のつづき 「医療と慰安」という緯度・経度が記された冒険の地図を手にし、医療 …

北海道初上陸!整動鍼セミナー脊柱編にまつわる5つの物語。

整動鍼セミナー、ついに北海道に上陸 5月21、22日と2日間にわたって整動鍼セミ …

養気院訪問記①ルーツを辿る旅

2016年11月13日22時59分、私は憧れの養気院の前に立っていました。 養気 …