ドアのノックはゆっくりと

札幌市の鍼灸院 快気堂鍼灸院白石で紡がれる物語

*

叔母との突然の別れ。手術のありえない失敗。人の病と健康について。

   

IMG 3548

義理の叔母の葬儀に行ってきました。

突然の訃報でした。私はもちろん、親族、友人、知り合い、皆さん驚いたと思います。葬儀の2日前、叔母は心臓のカテーテル手術を受けました。成功率99%とも言われるこの手術が失敗し、叔母は亡くなりました。

心臓カテーテル手術は、簡単な手術であると説明されていました。体への負担も少なく、回復も早いと。

退院3日後にお友達とランチの約束をしていたと言います。

どんな手術も100%はありません。交通事故に遭遇してしまったのと同じようなものだと私は思っています。医師の責任を追求したり、病院の医療体制へやり場の無い怒りをぶつけるつもりはありません。そんな事をしても、叔母さんが帰ってくるわけではありません。

ただし、私にはひとつ引っかかっていることがあります。それは、この手術の必要性についてです。

IMG 3550

叔母さんは、穏やかで、花が好きで、いつまでも少女のようなカワイらしい人でした。そして、とても美しく健康な体を持っていました。

しかし、ある時から体調を崩します。突然胸が苦しくなるというのです。病院の検査では異常が見つかりませんでした。何度も何度も病院を代え、様々な検査を受けましたが、異常は見つからず、心療内科、精神科を巡る、ある種お決まりのコースへ行き着きました。

民間療法も、あらゆるものを試していました。

ゴッドハンドと名高い元医師の整体師が札幌に一週間滞在すると聞けば、高額の治療費にもかかわらず毎日通い、あるいは、いかにも効きそうな名前の酵素が入っているという健康食品に挑戦してみたり、占いや宗教にも頼ったり、怪しげな治療器具、有名な薬局で処方された漢方薬、などなど、良いと聞いたものは全て試してみないと罪かの様な生活になっていました。

しかし、胸の苦しさは一向に良くなりませんでした。4年ほど前、私の鍼灸治療を受けていたときは、一時的に調子が良くなり、精神科の薬も減っていたのですが、叔母さんが遠方へ引っ越してしまい、治療を続けることが出来ませんでした。

何件も病院を巡るうちに、「不整脈ではないか」という診断らしきものがつきました。実際に心電図で確認されたわけではなく、医師が状況を聞いて「そうではないか?」と言った程度のものです。

不思議なことに、不整脈という診断名がつくと、さらに症状が悪化しました。寝たきりのようになり、身の回りの世話は御主人がほとんどやるような状態が続きました。

「不整脈」の解決方を求めて、何件も何件も回った最後の病院で、「心臓の血管に少し詰まりがあるのではないか?」という疑いがみつかりました。あくまでも疑いです。それが不整脈、胸の苦しさの原因に違いないと考えた叔母さんは、心臓のカテーテル手術を強く望むようになりました。

その話を聞いた周りの人間は、ほぼ100%反対しました。誰もが、手術の必要性に疑問を持っていました。

それでも、本人の強い希望で行われた手術で、取り返しのつかない事故が起きてしまいました。

IMG 7366

「責任の所在」という言葉を、いつからか良く耳にするようになりました。なにか事故があると、責任者を特定して罪を追求し、罰を与えるべしという「責任の所在」運動が盛んです。

では、今回の事故の責任の所在とは?事故に繋がった原因とは何なのでしょう?

今回の全ての元凶は、不安だと私は考えます。

不安は脳にある扁桃体の反応から生まれます。

扁桃体は周囲の環境の変化に反応し、活動を高めます。扁桃体の活動の高まりを大脳皮質が察知すると「前にこんな危険な事があった。だから、きっとこれからこんな恐ろしいことが起こるに違いない。」という感情を生み出します。これが不安です。

不安は、身体の緊張を生むと同時に、脳の下垂体を通じて、副腎皮質からコルチゾール(ステロイドの一種)というストレス対応物質を分泌させます。

叔母さんの不安は、最初小さなものだったはずです。通常であれば時間と共に薄れていく程度の不安が、消えるどころか次第に大きくなっていきました。

現代は不安ビジネスが盛んです。

〜しなければ長生きできない」「その不調、命に関わるサインかも」「一見なんでも無いように見えて、実は恐ろしい隠れ〜」「実は〜は危ない飲み物(食べ物)」など、テレビや雑誌から、インターネット、ご婦人の井戸端会議に至るまで、不安を煽る言葉が溢れ返っています。

製薬会社を筆頭とする現代医学を拠り所とするグループはもちろん、自然療法を信奉するようなグループでさえ、不安ビジネスが真っ盛りです。

不安が強くなると、脳の前頭前野の働きが著しく落ちます。つまり、理性が働かなくなります。そのため、不安から逃れたい一心で、普通だったら払わないような金額を出してしまいます。

不安を煽るマーケティング手法は、大きなお金を生み出すのです。

以前のブログにも書きましたが、脳はただでさえネガティブな事をポジティブな事よりも3〜5倍ほど強く感じ、記憶に残してしまう性質を持っています。

現代社会で、素直に情報を受けとっていけば、脳は不安で占められることになるでしょう。

さらに、不安は不安を呼び起こします。それまで関係なかったことまで、不安の燃料になり、ますます不安は強くなっていきます。

不安が常時続くと、体は常に緊張状態が続く事になります。体内では、コルチゾール(ステロイド)濃度が高い状態が続きます。

体の不調が多発するのは当然です。

しかし、この不調の原因(不安)は、病院の検査ではわかりません。分からないのに、不調があるから、ますます不安になります。

こうなると、思いやりや洞察力、想像力というその人らしさの大事な部分が働かなくなり、「不安こそ自分自身」かのような状態に陥ってしまいます。

不安で、不安で、解決方法を外へと求め、次から次へ色んなものに手を出していくようになります。

しかし、不安の支配から自分を取り戻すためには、思いやりや洞察力、想像力という理性を取り戻すのが重要だということが、脳の研究で明らかにされています。つまり、解決のヒントは自分の内側にあるのです。

IMG 2797

叔母さんが亡くなったと聞いたとき、私は悲しみとともに憤りを覚えました。この憤りは何に対するものなのか。

憤りの対象は、私達を取り巻く現状です。不安を増大させる仕組みばかりが重要視され、ブレーキをかける存在が軽視されているこの現状に対してです。

一人、憤ってはみても、不安の経済的な影響力を考えると、簡単に変えられる類のものではありません。

私は鍼灸師です。

ともすると、不安を煽ることで得をしてしまう立場です。しかし、それだけは避けたいと思っています。私の治療は、不安の支配から自分を取り戻すお手伝いをするものでなければならないと思っています。

〜しないと悪くなりますよ。」ではなく「これでもう大丈夫です。」と自信を持って言えるような治療を目指しています。

悔しいですが、社会の現状を一掃するような力は、一介の鍼灸師である私にはありません。しかし、「不安から自分を取り戻すためのお手伝いをする治療」で成果を出すことなら取り組むことができます。

主に経済的な理由で非常に難しい挑戦になっていますが、私が成果を出すことで、まず鍼灸師からこの波が広がっていけば、と夢見ています。

我が家のベランダにはバラがあります。叔母さんが好きな花でした。くじけそうなときは、このバラを眺めて、バラを見ていた叔母さんの笑顔を思い出して、勇気をもらいたいと思います。

R0010316 快気堂バナー 【投票ボタン】 続きに興味のある方は応援でクリックしてください(1日1クリック有効) 2つのランキングサイトにエントリーしています。 にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ にほんブログ村 人気ブログランキングへ

 

 - 健康, 日記, 鍼灸 , ,

336

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブルース・リーはカーテンレールを自作する

「人は見た目が9割」なんてベストセラーがありました。確か、イケメンが偉いという話 …

ようこそ快気堂Babyちゃん!!鍼灸師冥利に尽きた一週間。

みなさまこんにちは。札幌市白石区にある、産後の調整に思い入れのある鍼灸院、快気堂 …

群馬初心者が体験した、抗いがたい群馬の魅力①

憧れの土地『群馬』へ みなさん、群馬と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか? …

「怒らない」子育て戦略、3つの理由。

子供の価値観 ある休診日の午後、いつも通り鍼灸院でパソコンに向かってお仕事をして …

結婚相手に鍼灸師をオススメする5つの理由

不眠と深夜の腹痛 「鍼灸師でよかったなあ」と思うことは沢山ありますが、妻の治療が …

活法がもたらす進化する鍼灸。おれは人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!

みなさんこんにちは。札幌市白石区にあるちよっと変わった手作り鍼灸院、快気堂鍼灸院 …

トラウマ大宴会(活法合宿2016レポート⑩)

トラウマ誕生 ひそかに世界初の偉業が達成されるなど、盛りだくさんだったお風呂。 …

仮面ライダーとジュウオウジャーの映画を見てきました。

息子と映画デート 8月11日(山の日)に息子と二人で『劇場版仮面ライダーゴースト …

鍼灸をめぐる冒険(8)〇〇治療器 vs 鍼灸師の手

(7)のつづき スー◯ーライザー様との逢瀬 一ヶ月の間、スー◯ーライザーを使い、 …

美容鍼灸治療1000件突破。2つの出会いが始まりでした。

こんにちは。札幌市白石区にある小さな手作り治療院、快気堂鍼灸院白石の谷地一博です …