ドアのノックはゆっくりと

札幌市の鍼灸院 快気堂鍼灸院白石で紡がれる物語

*

ぼくのかんがえたさいきょうの鍼灸院〜鍼灸師のあぶない冒険③

      2017/06/08

鍼灸の神様からのメッセージ

鍼灸師になろうと決意してから、開院4年目に変態するまで、私の夢は「ぼくのかんがえたさいきょうの鍼灸院」を作り上げることでした。

あれは、私が鍼灸専門学校の学生だったころです。

IMG 1098

これぞ天啓か!!と思うほどの卓越した医学的アイデアが私の脳裏に突然去来しました。

『西洋医学+東洋医学=最強じゃね!?』と。

さいきょう2

「巷では、西洋医学 vs 東洋医学論が花盛りやけど、同じ医学、人を救う術なんやき、こんまいことで争わず、お互いに手を取り合うべきがやないかね。」

臨床経験も無い私は、誰もが思いつきそうなこの着想が、なぜうまく実現されていないのか考えもせず、坂本龍馬気取りで、医学界の薩長同盟たる「西洋医学 + 東洋医学」という夢想に取り憑かれていきました。

中二病患者、邁進する

専門学校卒業後、満を持して、私は夢想実現のため走り出します。

青春時代にデビッド・リンチの映画ばかり見ていたためか、見えない世界の存在に憧れがあった私は、どちらかというと東洋医学的なものの考え方に親しみを感じていました。

しかし、「夢実現のためには、不得意な方から克服すべき」と考え、西洋医学を思いっきり学ぶため、北海道大学医学部修士課程へと進学しました。

IMG 1085

全く勝手の違う世界で四苦八苦しながら、私は医学修士を取得し、次は東洋医学!と、中国への留学も視野に入れつつ、中医学や経絡治療などの伝統派鍼灸の勉強会をいくつも廻りました。

そして、快気堂鍼灸院白石を開院。

「西洋医学+東洋医学=最強」という中二病的夢想を盲信し、勉強会を巡り、書籍を読みあさり、論文を読み込んで得た知識を実際の臨床で検証するという日々に明け暮れました。

美容鍼との出会い

ちょうど、この頃、要望の多かった美容鍼灸をメニューに加えることにしました。

ただ、「ぼくのかんがえたさいきょうの鍼灸院」を目指しているわけですから、美容鍼灸でも卓越したモノを提供したいと考えました。

信頼する先輩鍼灸師の先生達に相談したところ、美容鍼灸の風雲児・上田隆勇先生を推す声が多く、独特の見た目に不信感を募らせつつも、思い切って横浜まで勉強しに行くことにしました。

上田先生との出会いは強烈でした。見た目のイメージに反する(ごめんなさい)、医学知識の豊富さ(看護師の資格もお持ちです)、日本伝統鍼灸への深い理解、医療の現状を変えたいという 熱い想いに、私は一発で打ちのめされました。

さらに、上田先生が現在進行形で取り組んでいるスケールの大きなお話は、私の夢にも共通する所があり、上田先生みたいになりたい!とも思いました。

幸運にも、えらく可愛がって頂き、治療や経営について親身になって指導して頂きました。

また、美容鍼灸を北海道で広めるための先導役の一人としてお誘い頂くなど、身に余る高い評価を頂くこともできました。

IMG 0070

西洋医学+東洋医学=最強ではない?!

美容鍼灸の導入により、経営は安定しました。

1週間先まで予約枠が全て埋まるようにもなりました。

そのおかげで、治療と研究に集中することが出来るようになりました。

札幌鍼灸師会から実技講習会の講師を依頼されたのもこの頃です。

開院してから1年あまりで、快気堂は最初の黄金期を迎えていました。

しかし、ここで壁にぶち当たります。

西洋医学と東洋医学の融合が、うまくいかなかったのです。

当たり前の話ですが、診断方法も、治療方法も、治療の評価も異なる二つの医学。

結局、東西の融合とは絵に描いた餅でしか無く、実際は、西洋医学的な治療でうまくいかなかったら東洋医学的なアプローチをしてみる、というように異なる二つの治療を施しているだけ、という範囲に止まっていました。

これは、一見、お互いの穴を埋めるようで良いのですが、二つのアプローチでもカバーできない穴が思いの外大きいのです。

げんじつ2

下手をすると、二つの治療体系で対応可能な範囲より、穴の方が数倍も大きいんじゃないか?とさえ感じました。

(西洋医学は、あるいは、東洋医学は、全ての症状に対応できるように作られている!!と反論もあるでしょうが、出来るといっても不得意な部分があるわけで、その場でハッキリとした治療成果を出せない症状も少なくありません。そういった症状を穴と表現させて頂いています。)

融合と言うからには、同じ言語で語られなければいけないし、今までのやり方ではうめられなかった穴をカバーするもので無ければ意味はありません。

重鎮からのアドバイス

どうしたものかと悩んでいるとき、ふと、私が講師を務めた実技講習会の打ち上げの席で、北海道鍼灸師会の重鎮の先生から頂いた助言を思い出しました。

IMG 1609

「君はよく学んでいるかもしれないが、全然ダメだよ。西洋医学の理論、東洋医学の理論、理屈を学ぶのは非常に重要だし、患者さんを長く診るときには活きてくる。しかし、今、その場で本当に困ってる人に対して、結果を出さなければいけないとき、それでは通用しないよ。」

60代の今でも医師と同等の知識を保つため、常に勉強なされる自分への厳しさと、それと同じくらい他人へも厳しいことで知られる重鎮の先生の言葉。

実技講習の講師という大役を果たした後、安堵で弛緩していた私の心は、見事にぺちゃんこになりました。

「では、どうすれば良いのでしょう?」と、私はかろうじて残った理性を総動員し、声を絞り出しました。

重鎮先生は、こう答えました。

「これだけは確実に結果を出せる、という必殺技を身につけることだよ。自分は全日本鍼灸師会学術部の役員だったため、その道の大家と呼ばれる先生達とも交流を持っている。経絡治療の名人、中医学の大御所、〜派の創始者などなど、有名な先生は皆、得意な症状に対する必殺技を持っている。それは、結局、理論からはみ出しているんだ。酒をたらふく飲ませて聞いたら、『確かに理屈ではなく、特効穴としか言えない』と、みんな白状したよ。そういうのを、これから君は見つけなきゃいけないよ。」

この時の私には、重鎮先生は「正しいことを言っている」のは解りましたが、治療院もうまくいってるし、自分には関係の無いことのように思えました。年長者の「調子に乗りすぎると痛いめにあいますよ」という、よくあるお節介なお説教くらいにしか思っていませんでした。

しかし、臨床で壁にぶち当たってからというもの、重鎮先生の言葉の重みをヒシヒシと感じるようになりました。

よく考えると、西洋東洋問わない理論の権化のような重鎮先生が、「既存の理論じゃ解決できない」という相当リスキーな発言を私にしてくれたというのは、深い思いやりを感じずにはいられません。

真意をくみ取れていなくて、ごめんなさい。そして、ありがとうございます。

IMG 1610

新たなる希望を求めて、私は「必殺技」を探す旅に出ます。

エキテンの仕様変更で、突然、来院数が激減したのもこの頃です。

一歩間違えれば、廃業の危機をはらんだ命がけの冒険となりました。

その模様はこちら。

鍼灸をめぐる冒険の旅

 

「さいきょう」の5つの柱、、、しかし

そして、ついに、必殺技の宝庫である整動鍼、そして活法に出会いました。

これで、ずいぶんと「ぼくのかんがえたさいきょうの鍼灸院」に近づいた気がしました。

・医学部仕込みの西洋医学

・日本中の勉強会に参加し研鑽している東洋医学

・多くの症状に即効性を発揮する整動鍼

・運動器疾患に強く、美容やリラクゼーションにまで応用可能な活法整体

・第一人者に認められ、北海道の牽引役まで期待されている美容鍼灸

というピカイチの5本柱を掌中に収めました。

自分としては、現時点で「さいきょう」と自負する布陣での再出発。

しかし、患者さんは増えませんでした。いや、整動鍼のおかげで改善までのスピードが上がり、再発も少なくなったため、むしろ延べ人数は減りました、、。

泥水の中から

もちろん、来院数やお金が全てではありません。

しかし、子供のオムツ代の捻出にさえ悩む状態で、良い治療が出来るでしょうか?

増して、治療技術を向上させるためにも、学ぶための時間とお金が必要です。

学べなくなり、既存の治療院と変わらないレベルに止まるなら、廃業した方がましだと思っています。ナンバーワンとはいかないかも知れませんが、患者さんのために最善を尽くしたいのです。

今やっている施術より、もっといい治療法があるのを知りながら、漫然と治療を繰り返す事に罪の意識を感じるのです。

この頃、鍼の講習会へ投資していた金額は、月の売上を超えていました。

「これが最善の道だ」と言いながら、一向に上がらない売上。

夫婦間の衝突も増えました。

貯金の底が見えかけ、「快気堂鍼灸院、沈没待ったなし!」のアラートがけたたましく鳴り響く中で、浮上のための最後の鍵を泥水の中からつかみ取りました。

それは、マーケティングという名の羅針盤でした。

この羅針盤を手にしたことで、「ぼくのかんがえたさいきょうの鍼灸院」がついに完成しました。

つづく

続きはこちら

 

鍼灸師のあぶない冒険〜④ぶきっちょ鍼灸師のためのマーケティング入門〜 | ドアのノックはゆっくりと

 

快気堂バナー 【投票ボタン】 続きに興味のある方は応援でクリックしてください(1日1クリック有効) 2つのランキングサイトにエントリーしています。 にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ にほんブログ村 人気ブログランキングへ

 - 整動鍼, 活法, 経営, 美容鍼灸, 鍼灸 , , , ,

336

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

鍼灸師が主人公の小説「鍼師おしゃあ」が傑作小説だった件。

鍼師が主人公の小説 鍼灸師主人公小説は見つけたら必ず読むようにしています。 鍼灸 …

快気堂鍼灸院白石2周年!10大ニュースで振り返る。

みなさん、こんにちは。札幌市白石区にあります、知る人ぞ知る鍼灸院、快気堂鍼灸院白 …

無神論者が神に祈るとき(活法合宿2016レポート②)

洗脳(Brain Wash) 前回のお話 The Long Winding Lo …

no image
はじめの一歩

  はじめまして。このたび、札幌市白石区に鍼灸院を開業する事になりまし …

ボランティア参加。師匠の背中の温もり

札幌〜支笏湖ウルトラチャレンジ70km 9月20日、今年で14回目になる札幌〜支 …

治療技術が生まれる瞬間(活法合宿レポート2016⑦)

ついに到着 紆余曲折ありながらも、ついに、活法合宿の舞台である伊東温泉に到着した …

整動鍼の旗の下に集うマーベラスな勇者達〜整動鍼セミナー「四肢編」で得たもの(2)

マーベラスな鍼灸師 前回は、整動鍼セミナー「四肢編」本編で手にした収穫についてお …

感動、成長、そして活法の帯広旅行。

帯広の最も暑い1日 7月12日、13日と家族で一泊二日の帯広旅行に行ってきました …

のろしを上げろ!反抗のアンチマーケティングセミナーに挑戦!?

セミナー講師への挑戦 7月30日、31日とセミナーの講師をしてきました。 日本美 …

札幌鍼灸師会主催、実技講習会の講師をしました。

思わず、「正気ですか?」 1月12日、札幌サンプラザで、札幌市鍼灸師会主催の実技 …