ドアのノックはゆっくりと

札幌市の鍼灸院 快気堂鍼灸院白石で紡がれる物語

*

イヤイヤ期を乗り越えるための1つの提案。子育てに翻弄される新米パパが読んだ子育て本2冊と、鍼灸治療。

      2017/06/08

みなさんこんにちは。札幌市白石区にある手作り鍼灸院、快気堂鍼灸院白石の院長、谷地一博です。

今日は、子育てについて書いてみようと思います。

IMG_1009

ついに来た、奴の名前は「イヤイヤ期」

私には2歳半の息子がいます。なにぶん初めての子育て。わからないことばかりで、手探り状態であっという間の2年半でした。少しづつですが、意思疎通らしきものもできるようになり、可愛い盛りかなと思うのもつかの間、ついに、「あれ」がやってきたのです。「あれ」とは、、、、数ある育児の山の中でも最も恐ろしいものの一つとされる、イヤイヤ期です。

「イヤイヤ期は怖いよ〜。男の子のイヤイヤ期は道の草も避けて通るというくらいだからね〜」など、先輩パパさん、ママさんから聞かされておりましたが、「まだまだ先のこと。イヤイヤ期は成長の証拠だし、怖いけど少し楽しみだな〜。」なんて、甘く考えていた時期も私にはありました。

しかし、服を着替えるのもイヤだと号泣。ご飯を食べるのもイヤだと大暴れ。保育園にも行きたくないと大爆発。と、実際体験してみると、なんと大変なことか。妻のマナコさんもストレスが溜まりに溜まっているようで、我が家のピンチです。

IMG_1350

対イヤイヤ期のちょっとした工夫

良い方法がないものかと悩んでいたところ、先輩パパの患者さんに「2択にすると意外にいけるよ」と聞き、早速試してみました。

「服を着なさい」→「こっちの服と、こっちの服どっちがいい?」
「ご飯食べなさい」→「アンパンマンのふりかけと、妖怪ウオッチのふりかけどっちがいい」
「保育園に行きなさい」→「保育園で頑張った子にシールあげようと思うんだ。〜くんと薫くんどっちがもらうのかな」

などなど。

効果は抜群で、さっきまで泣いてたのが嘘のように、選んだ服をいそいそと着てくれたりします。それでもダメな時ももちろんあります。そんな時は、できるだけ粘り強くイヤイヤに付き合ってあげるようにしています。色々試しているうちに、解決法がみつかったときなんかは、息子と気持ちが通じたようで楽しかったりもします。

犯罪者と天才、どちらを育てますか?子育て本2冊のご紹介

子育ての参考として、最近2冊の本を読みました。

1冊目は、「反省させると犯罪者になります:岡島茂樹」です。


刺激的なタイトルですね。

どんな内容かと言いますと、
反省文を書かせると、本当に反省する機会を失わせてしまうことになると著者は言います。良い反省文とは、社会の規範にのっとった価値観、つまり綺麗事を書くことだけど、問題を起こす時の気持ちって決して綺麗事ではすまない負のエネルギーの塊であります。問題を起こしたものが、例え本気で反省したつもりで相手の求める綺麗事を書いたとしても、その負のエネルギーは溜まり続け、より大きな問題を起こす原因となってしまう。必要なことは、反省させることではなく、問題を起こす原因となったドロドロとした負の感情を受け止めてあげることなのだ。といった内容でした。

私も、息子がとんでもない行動を起こした時、まず叱るのではなく、「どうしてそういうことをしたいの?」と聞くことにしています。まあ、まだ息子は、「マン!」と意味不明の答えしかしませんが、将来何かにつながってくるはずと自分を鼓舞しています。

2冊目は「ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい:クリスティン・バーネット」です。


これは、自閉症と診断された息子を持つお母さんが書いた本です。アメリカでは自閉症と診断されると、一般的な生活が送れるようにするため、朝から晩まで厳しい訓練プログラムを受けるそうです。著者は苦手なことをさせられ続ける息子が、ストレスによって自分の中にどんどん閉じこもっていくのに気付きます。そこで、得意なこと(難解な数式を眺めること、地図を暗記すること、天文学の本を読むこと)だけをやらせたらどうなるんだろうと思いつきます。国に定められたプログラムを放棄することに誰しもが反対しますが、母親の直感で思い切ってやってみると、、、。

なんと、息子は数学や天文学に天才的な才能を発揮し、その能力が高まることで、苦手だった他者とのコミュニケーションや日常生活もこなせるようになったのです。この息子さんは、14歳で大学院に進学し、天文学について最先端の発表をする注目の科学者になってしまいました。そして、驚くことに、著者が考えた得意なことをとことんやらせてみようとする試みを他の自閉症の子にさせてみると、多くの子が驚くべき成長をしたという実話です。

私も、いろんな期待がありますが、世間的に評価される能力にこだわらず、息子の得意なことを伸ばしてあげたいと考えます。息子は「動物園になりたい」と言っているので、何を伸ばしてあげたら良いか悩みどころですが。

IMG_2089

 

子育て本に共通するメッセージとは。そこからがまた大変なんです。

この2冊に限らず、子育て関係の本を読むと、似通ったいくつかのメッセージが込められていることに気付きます。

まず、感情的に怒らないこと。次に、親の価値観で子供を測らないこと。最後に、決して急がないこと。

子育てしている皆さん、どうですか?そう言われても、「ふーん」って感じですよね。頭ではわかっているけど、実践は難しいと感じませんか。なぜなら、上の三つのことって余裕がないと難しいからです。働きながらの子育て、時間的にも、肉体的にも、精神的にも余裕がありません。

しかし、最近気づいたことがあります。妻のマナコさんを治療すると、これらのことを比較的できるようになるのです。鍼灸治療をすると、肉体的、精神的に楽になり、余裕ができるからです。また、息子に鍼治療すると、疳の虫が緩和され、お互いストレスが減り、良い感じになります。

小児はりの師匠はこう言っていました。「小児はりをみんな受ければ、幼児虐待は無くなる。」と。

実際、鍼灸治療することによって、余裕が生まれ、結果、子育てにも良い影響を与える例が、当院の患者さんでも多くいらっしゃいます。

子育てを懸命に頑張るパパさん、ママさん、たまには自分のメンテナンスとして、鍼灸治療という選択も良いものですよ。興味があれば、気軽にご連絡ください。

札幌市白石区の鍼灸院:快気堂鍼灸院白石

ご予約・お問い合わせはこちらから

【電話】011-598-9049(完全予約制)

ネット予約をする

【営業時間】9:00~20:00 (最終受付18:00まで)
【定休日】日曜・月曜・祝日
【住所】札幌市白石区本郷通2丁目北5-17 / アクセス

快気堂鍼灸院メニュー / スタッフ / はじめての皆様へ / 料金

【投票ボタン】

続きに興味のある方は応援でクリックしてください(1日1クリック有効)

2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 - 健康, 子育て, 読書, 鍼灸

336

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

成長と喜びは患者さんと共に。

咽頭癌発見。放射線治療後の後遺症からスタート Jさんが初めて来院されたのは、一年 …

ウホッ!快適なソファーを選ぶ、男目線の3か条

皆さん、こんにちは。5月7日に開院を控えた、札幌市白石区にある小さな鍼灸院、快気 …

めぐりあいそら(活法レポート2016完結編)

伊東温泉の朝 前回のお話>>忘年会シーズン到来!はじめての宴会芸はこ …

快気堂ができるまで 4

遅々として進まない作業、焦る我々に追い討ちをかけるような事態が発生しました。なん …

整動鍼の旗の下に集うマーベラスな勇者達〜整動鍼セミナー「四肢編」で得たもの(2)

マーベラスな鍼灸師 前回は、整動鍼セミナー「四肢編」本編で手にした収穫についてお …

歩道の切り下げ工事と中学二年生的思考

「はたらく車」大集合 7月26日、27日の休診日二日間を利用して鍼灸院前の歩道の …

ようこそ快気堂Babyちゃん!!鍼灸師冥利に尽きた一週間。

みなさまこんにちは。札幌市白石区にある、産後の調整に思い入れのある鍼灸院、快気堂 …

魔法学校はホグワーツではなく池尻大橋にある?!古武術鍼法は魔法なのか?

魔法みたいですね みなさんこんにちは。札幌市白石区にある庭にバラが咲き乱れている …

鍼灸をめぐる冒険(14)沈没寸前の治療院が、奈落の底から抜け出せた理由

(13)のつづき。 早く治ると患者さんが減る 整動鍼・活法という、理想とする治療 …

医科学から鍼灸へ。私が鍼灸師として歩む事を選んだ理由

こんにちは。快気堂鍼灸院白石の院長、谷地一博です。 子供の頃の夢は、革命家でした …