札幌市・白石区の鍼灸院|頭痛・めまい・耳鳴・突発性難聴・肩こり・首の痛み・顔面神経麻痺・生理痛
ホーム > オフィシャルブログ > staffblog > 肩こり対策、ついついやっちゃうけど、それ悪くしてますってやつ。〜教えて谷地先生 ①〜
オフィシャルブログ

肩こり対策、ついついやっちゃうけど、それ悪くしてますってやつ。〜教えて谷地先生 ①〜

" staffblog "

2017年11月30日

こんにちは、ちょっとだけブログに慣れてきたスタッフ、須藤るるです。

 

今日は、「ついついやっちゃうけど、それ悪くしてますよ。肩こり対策」をお伝えしようと思います。

 

 

肩こりのある方に,質問です。

 

肩がツライからといって、ぐるぐる首をまわしたり、ぐいぐい手や、さらには硬いもの、ボールペン、誰かの肘などでぐりぐり押してもらったり、先日TVで見かけたのは電車の手すりの角にぐりぐり痛いところを押しつけたりしていませんか?

 

イタ気持ちいいですよね?

 

少し楽になった気がしますよね?

 

だからついついやっちゃいますよね?

 

 それ、ダメなやつです(涙)

 

グイグイ押すと筋肉は硬くなります。さらに押し込むと筋肉は壊れていきます。そうなると、脳がこれは大変だ!!ということでβエンドルフィンという麻薬と同じ働きをする物質を出します。

 

大切なのでもう一度言います。「麻薬」と同じ働きをする物質を出します。

 

その麻薬物質のせいで、「気持ちいい」「すっきりした!」と感じてしまいますが、実際の場所は,壊れていて、さらに今度は壊されないように,より硬くなります=これが肩こりの正体です。

 

そして、先ほど二回もお伝えしたように、これは「麻薬」なので、「もっと!もっと!」とエスカレートしていきます。

 

「痛くなきゃ効かない」「強くないと、された感じがしない」「もっと!もっと!」という強刺激好みのお客様を施術するうちに、自分の指が壊れてしまったという、リラクゼーションマッサージの方の話も良く聞きます。

 

ちょっと横道にそれると、SMや、リストカットなども同じ原理です。痛い=ヤバい=脳内物質で感じないようにしよう=きもちいい!

 

身体を良くしたい方には、いやいやいや。って話です。

 

 

では、はりにすぐ行けない場合はどうしたらいいの?となりますよね。

お答えします。

 

「さすること」です。

さすると筋肉がゆるむので、血流がよくなります。

 

個人的には、「さすろう」って思うよりも「なでる」と思った方がタッチが柔らかくなり、より緊張も緩む気がします。こどもをなぜるような、可愛いペットをかわいがるような、そんなタッチでさわろうと意識することでもう身体が柔らかくなる気がします。

 

緊張するということは、頑張っている証拠です。

 

頑張って、頑張って,頑張っている身体。その結果、痛くなっているのに、ぐいぐい押すなんて、そりゃぁ身体だってへそを曲げてかたくなになりますよね。

 

大人になると、なかなか優しくなぜてもらえる機会はほとんどありません。

 

頑張ってる身体に、せめて自分ぐらい優しくねぎらってあげてもいいんじゃないでしょうか?

 

読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

 

肩こりをグイグイやることの危険性は院長も記事を書いています。

 

よろしければ、こちらも合わせてお読み下さい。

 

カテゴリー: staffblog. タグ: , , .
  • 電話受付
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • オフィシャルブログ
  • ブログカレンダー
    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り