札幌市・白石区の鍼灸院|頭痛・めまい・耳鳴・突発性難聴・肩こり・首の痛み・顔面神経麻痺・生理痛
ホーム > オフィシャルブログ > yachi > 鍼灸は理系?文系? 〜鍼治療を医学にするプロジェクト ① 〜
オフィシャルブログ

鍼灸は理系?文系? 〜鍼治療を医学にするプロジェクト ① 〜

" yachi "

2017年12月3日

院長の谷地です。

 

医学は理系?それとも文系?

突然ですが皆さんに質問です。

 

医学は理系でしょうか、文系でしょうか。

 

話をシンプルにするために、文系と理系を次のように定義したいと思います。

 

  • 理系・・・複雑な現象からシンプルな解答を導き出すのが好き

 

  • 文系・・・単純な事象に様々な解釈を加えていくのが好き

 

これを踏まえて、改めて質問します。

 

医学は理系なのでしょうか、文系なのでしょうか。
血圧が180mmHgであれば、男であれ、女であれ、その人がどんな人種で、どんな人生を辿ってきていたとしても、必ず「高血圧」と解答するのが医学です。

 

「まるでソフォクレスの詩のごとき血圧である」とか、

 

「180という数値が人間の一体何を表しているというのか、甚だ疑問ではある」とか、

 

ユカは確かに美人だ、ボクのヒップにしゃがんで、うちにこない?と誘った。ユカはタフかと聞くんだ、塗れたリップがしぼんだ、ボクがちょっぴり笑ったときの血圧」などという文系的解釈は大変興味深いですが、生命に危険の迫る状況では役に立ちません。

 

医学は、その役割上、理系でなければならないのです。
それでは、鍼灸は理系でしょうか文系でしょうか。

鍼灸は文学??

以前、「鍼灸師は医師を納得させられるか!?」というイベントに参加したことがあります。

 

鍼灸師(全国的に名前の知られた有名な先生も数人いました)が医師に、「鍼灸の有用性」「病院との連携の可能性」を説くのですが、皆さん言ってることがバラバラで、医師も困惑していました。

 

ある方は「古典(黄帝内経)の解釈では〜」と言い、ある方は「経絡治療の世界では〜」と言い、ある方は「トリガーポイント的には〜」と言い、ある方は「気は見えないけど、あるんです。目をつぶっても手のひらを顔の前に置くと、ほら、感じるでしょう?これが気です」と言うといった具合です。

 

医師の「鍼は何を狙って刺してるんですか?筋肉ですか?」という質問に対しても、「うちは刺さないんですよ」「皮膚に接触程度です」「響きがあるところまでです」「頭の上にかざすんです」などなど、多種多様な答えが飛び交う始末。

 

医師は「鍼灸って、こんなにもバラバラなんですか?」と驚いていました。

 

自分は、統一されたモデルがないというのは、医療として致命的だと思っています。

 

しかし、参加者から「多種多様なのが東洋医学の優れたところです。みんな違ってみんないい」という意見が出ると、会場中から拍手が沸き起こり、議論は終了となってしまいました。

 

「鍼をして身体に変化を与える」という行為だけで、こんなにも解釈の違いが存在するなら、鍼灸は医学よりも文学に近いと言わざるを得ないでしょう。

 

「鍼灸を医学に」と願う自分にとっては非常に歯がゆい状況です。

 

なぜ鍼灸はバラバラなのか?

ではなぜ、鍼灸の治療方式はバラバラなのでしょうか?

 

最も大きな理由は、「鍼灸の効果を判定するためのハッキリとした指標がない」ことです。

 

〇〇流の鍼治療と▲▲流の鍼治療で、どちらの方が効果があるのか、判定する術がないのです。

 

患者さんに「今まで一番強い痛みを100とすると、今の痛みはどのくらいか」を尋ねるVASスケールなど、効果を数値化する試みはされていますが、これらのやり方は患者さんの主観を介する必要があるため、決定的な指標とはなっていません。

 

分子生物学の分野では、筋肉に鍼をすると、アデノシンという鎮痛効果を誘発するタンパクが生成されることが明らかになっています。

 

Nat Neurosci. 2010 Jul;13(7):883-8. doi: 10.1038/nn.2562. Epub 2010 May 30.

 

しかし、足に鍼をして肩の痛みを解消するという、鍼治療のダイナミズムを説明するには至らず、指標にはほど遠い状態です。

 

こうして、長きにわたり、治療法式ごとの効果の比較が出来ない状態が続いていました。

 

そのため、鍼灸師は各々好き勝手に工夫を重ねていき、一人一流派と言われるほどのバラバラ状態になったのです。

鍼治療を文学から医学へ。統一への第一歩。

現代の病院で適用される医療は、指標がハッキリ決められており、医師はその中で最も効果的な治療を標準治療として選択しています。

 

よって、医師の治療方式に流派は存在しません(派閥はありますが、、、)。

 

鍼治療を医学に昇華させるには、ハッキリとした指標を作り、最も効果的な方式を定め、流派を超えた標準治療を構築する必要があります。

 

長年、多くの方がこの難題にチャレンジしてきました。しかし、指標作りは困難を極め、未だ実現されていません。

 

突破口を探せ

私が採用する鍼治療の方式、整動鍼は、鍼を一本するごとに、身体の変化を詳細に調べます。

 

私が副代表を務める整動協会では、この地道な確認作業を膨大に繰り返し、データを集めてきました。

 

そこから見えてきたものは、「鍼の効果の発現は、脳の働きを変化させた結果ではないか」という仮説です。

 

そこで、「脳の変化を指標に出来ないか?」という方向性を整動協会で探っていました。

 

そんな折、北海道帯広市の北斗病院から、協同研究のオファーが突然舞い込んできたのです。

 

研究の内容は、「鍼治療をすることで脳が変化するデータを集める」というものでした。

 

まさに、我々が求めていたものです。

 

We Will Rock You

 

さらに、このプロジェクトの目的を聞いた私達は驚愕しました。

 

そのプロジェクトの目的とは、

 

1,鍼治療の効果の指標を作る。

2、最も効果のある方式を集合させ、鍼治療の標準治療を作る。

3,データの裏付けを持って鍼治療を医学に昇華させる。

4,科学的根拠に基づいた鍼科を創設する

 

というものでした。

 

あまりにも理想的な展開で、夢ではないかと疑ってしまいますが、すでに第一回目の実験が11月16日に実施され、興味深いデータが出ているという状態です。

 

12月14日よりプロジェクトが本格的にスタートします。

 

最先端の機器を駆使し、鍼治療の秘密に迫り、現代的医学として昇華させるというかつてないチャレンジに、少年のように興奮しています。

 

もしかしたら、近い将来、世界を揺るがす(We will rock you !)事が出来るかも知れません。

 

行く行くは、多くの鍼灸師の協力が必要となってくるプロジェクトです。できるだけ沢山の鍼灸師に、この試みを知っていただきたいと思います。

 

詳細は、順次お伝えしていきます。

 

お知らせ。

北斗病院との協同プロジェクトのため、快気堂鍼灸院白石は12月14日より木曜日も休診となります。ご迷惑をおかけしますが、鍼治療、そして医学の未来のためと、ご理解していただけましたら幸いです。

カテゴリー: yachi. タグ: , , .
  • 電話受付
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • オフィシャルブログ
  • ブログカレンダー
    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り