札幌市・白石区の鍼灸院|突発性難聴・耳鳴り・頭痛・肩こり・首の痛み・生理痛
お知らせ

脇腹痛が増えています。

" "

季節柄というのでしょうか、脇腹痛の相談が増えています。

病院では「肋間神経痛」と診断を受けたものの、改善の兆しが見えないため、当院へ相談となるケースが多いです。

 

急激に気温が下がってきたのも、脇腹痛増加の原因かも知れません。

 

脇腹は筋肉が薄く、触れると、肋骨の感触がすぐにわかります。そのため、マッサージや指圧などの手技で施術するのは難しく、場合によっては、肋骨を骨折させてしまうこともあるので注意が必要です。

 

鍼治療でも、もちろん、脇腹に鍼をするのには細心の注意が必要です。

 

ただ、残念なことに、脇腹痛の原因は脇腹にはありません。そのため、いくら脇腹に施術を加えても、なかなか改善しないことが多いです。

 

私達は、脇腹痛の原因は、背中にあると考えています。

 

背中の、特に脊柱付近にある緊張を緩めるツボに鍼をすると、難治性と考えられていた脇腹痛も短時間で回復することが少なくありません。

 

背中のツボの緊張ととるツボは、手や足にあるため、脇腹に鍼をするような危険性はありません。また、痛みも少なくて済みます。

 

現在、当院では医師と協力して、病院の設備を利用し、また、病院の患者さんに強直いただいて、鍼治療の効果の研究をしています。

 

症状によりますが、当院の鍼治療の効果が、薬や手術よりも有用であると認められ、病院内に鍼治療センターが設立されました。

 

脇腹痛も、鍼治療で良好な結果が出ますので、研究をすすめて、より最適な施術を提供できるようにしていきたいと考えています。

 

 

  • 電話受付
  • 地図
  • お問い合わせフォーム