札幌市・白石区の鍼灸院|突発性難聴・耳鳴り・頭痛・肩こり・首の痛み・生理痛
お知らせ

鍼の本数と効果を検証する鍼灸師は少ない。

" "

テレビや雑誌などで、鍼灸が取り上げられる機会も増えてきました。

 

鍼灸の効果が認められてきたと共に、鍼治療は科学的検証と相性が良く、計測機器の発達と共に、良いデータが揃うようになってきたので、マスコミでも取り上げやすい環境になってきたということが、理由として挙げられます。

 

全身に鍼を数十本刺された映像を見て、驚いた方もいると思います。

 

特に、テレビというのはインパクトのある映像を好まれる傾向にあるので、必要以上に本数が多かったり、刺激が強そうなものが、放送されてしまうことが多くなっています。

 

当院の鍼治療に関しては、それほど多い鍼を使いません。

 

1本から4本程度のことが多く、多くても7本以内に収められます。

 

これは、本数が少ない方が、鍼の効果が高く、効果の持続時間が長いことを経験的に知っているからです。

 

整動鍼という鍼の技術を使う鍼灸師は、鍼を一本して、効果を確かめる、という手順をとります。

 

当たり前の事かと思うかも知れませんが、普通の鍼灸師は、沢山鍼をして、時間を置いて、さあ、どうですか?というような流れで治療します。そのため、良くなったとしても、どの鍼が効いたのか明確ではありません。

 

さらに、鍼を沢山することで、効果がどうなるかを検証している鍼灸師も数は少ない現状です。

 

現在、医師と共同で北斗病院にて、鍼治療の研究をしています。

 

脳の変化を含めて、様々なデータをとっていますが、やはり、鍼の本数が少ない方が効果が高く、持続期間も長いということを、データが示唆しています。

 

ただし、鍼を少なくすると言うのは、非常に高い技術と知識を必要とします。

 

全身の症状をみて、最も代表するツボを選定し、鍼を正確にしなければならないからです。

 

病院で鍼灸師の研修をすることで、多くの鍼灸師の臨床を検証することが出来ています。

 

全身を見ることが出来て、そこから、問題を把握し、少ないツボで効果を出せる鍼灸師は、段違いの成績を出します。

 

施術する側としては、自信が無いと、鍼の本数が増える傾向にあります。不安だからはりを増やしてしまうのです。

 

その壁を越えた先に、本当の「患者さんのため」という治療が見えてくると、私達は感じています。

 

快気堂鍼灸院白石の鍼の本数は、鍼灸院としては少なく、テレビで見たのと違うというイメージを持たれるかも知れませんが、その裏には、このような理由が隠されているのです。

 

症状に悩む方に、最適な治療をするため、様々な研究の末たどり着いたのが、今のスタイルです。さらに、進化を目指して、研究と臨床に励む毎日です。

  • 電話受付
  • 地図
  • お問い合わせフォーム