札幌市・白石区の鍼灸院|突発性難聴・耳鳴り・頭痛・肩こり・首の痛み・生理痛
お知らせ

目に効くツボありますか?

" "

「目に効くツボはありますか?」という相談を受けることがあります。

 

現在、眼科医と協力して、鍼治療による目の症状改善のデータを積み重ねています。効果が認められ、眼科医から患者さんが紹介されるようになっています。ということで、答えは「目にお効くツボはあります」です。

 

「じゃあ、どのツボ?」となる訳ですが、この問いに答えるのが難しいのです。

 

どういうことかというと、目に効くツボは10種類以上あるのです。

 

書店にある健康雑誌や、テレビの健康番組では、「このツボを押すと目が良くなる!」みたいな特集がなされているので、目に効果のある特定のツボがあると考えてしまうのも無理はありません。

 

正確に言うと、10種類以上あるのは、目に効くツボではありません。目に症状を起こしている原因を解消するツボです。

 

一口に目の症状と言っても、眼精疲労、癌性疼痛、顔面神経痛、、、など多岐に渡る上に、原因となっているものも様々です。

 

多くの症状は身体の小さな箇所の過度な緊張(コリ)によって引き起こされていると、私達は考えています。

 

コリも場所が様々です。目に症状を起こす原因となるコリに対応するツボに鍼をすると、目の症状が緩和するケースが少なくありません。

 

では、10種類以上のツボに、鍼をすれば良いかというと、そういうわけではありません。私達は臨床経験から、1症状については、1〜3本程度の鍼が効果が高く、持続時間も長いと考えています。

 

また、鍼治療の科学的研究でも考えを裏付けるようなデータが得られています。

 

多くの鍼灸師は、鍼を一本することで、どのような変化が身体に起こるのかを知りません。

 

良いといわれるツボに、片っ端から鍼をしていき、時間を置いて、「さあ、どうですか」と症状を効くスタイルがほとんどです。これでは、鍼一本による効果や、複数鍼をする事で効果がどうなるかもわかりません。たとえ効果が出ても、どの鍼が効果を出したかもわかりません。

 

このようなやり方をしてきたので、鍼治療は長年にわたって科学的なデータがとれないでいました。

 

鍼を一本して、効果を確かめるというのは勇気がいります。

 

「効果がない」と言われるのが、施術者は何よりも怖いのです。

 

しかし、この恐怖を勇気を持って越えることでしか、本当に患者さんのためになる治療を提供する事は出来ません。

 

何が最も効果があって、どのくらいの本数が良いか?実際にデータをとりながら確かめることで、当院の鍼治療(整動鍼)は、鍼治療の常識を塗り替えるスピードで進化しています。

 

 

 

 

 

  • 電話受付
  • 地図
  • お問い合わせフォーム