札幌市・白石区の鍼灸院|突発性難聴・耳鳴り・頭痛・肩こり・首の痛み・生理痛
オフィシャルブログ

はりはもちろん、はりを入れる筒に10分の1ミリ単位でこだわる風景。

" staffblog "

2017年12月9日

こんにちは、スタッフ須藤るるです。

 

 

先ほどより、院長と新しいおもちゃをもらった子供のように遊んでいます。

 

いえ、実験,研究しています。

 

ご覧いただけますか?この違い。左の方が細いんです。

 

こちらならおわかりいただけますか?

 

 

左の方が細いんです。

 

これは鍼を打つ際に使う筒です。

 

左の方が細いと言っても、1ミリと変わりません。

 

最初の写真は、鍼の頭の方です。わたしたちが手に持つところ。

 

写真で写りづらいほどの太さの違いしかありませんが、わたしたちにとってはよくわかります。

 

まず、筒をもった瞬間

 

院「わ!細いね!」

 

須「細いですねー」

 

院「鍼の打った感じも、刺入する感じも違うね」

 

須「そうですね。これはコリにあたったとき、わかりやすいですね」

 

院「そうなんだよね。分かりやすいね。この鍼に慣れるよう練習しなきゃね」

 

わたしたちは、ゴマ粒ほどのコリを見つけて,狙って、鍼を打ちます。

 

見つけたコリに対して,正確に鍼を打ちたいのです。

 

それが、筒の太さによってズレてしまうことを恐れて、より細い筒を探しています。

未来には整動協会で、整動鍼用の鍼を開発してもらうことを夢見ています。

 

今日は、メーカーに直接電話しないと購入出来ない筒が細い鍼が届いたため,すぐ開封し、すぐ自分の身体に試し打ちをし始めた二人でした。

 

毎日、朝や治療の間、院長と話をしますが、ほぼツボの事、治療の話が9割、ほんのちょっと家族の話な快気堂鍼灸院白石です。

 

読んで下さりありがとうございました。

この記事を書いた人

快気堂鍼灸院白石 副院長(鍼灸師)

 

食物アレルギーの娘がきっかけで、アロマを始めとする自然療法に目覚め、鍼灸師となる。

 

ひどい生理痛やPMS,出産後の身体の変化に悩んだ経験により婦人科疾患を得意とする。

 

イベントご飯、パン、お菓子は作れるのに、毎日の朝ご飯作りが苦手な2児の母。

 

>>詳しいプロフィール

カテゴリー: staffblog. タグ: , , .
  • 電話受付
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 最近の投稿
  • オフィシャルブログ
  • ブログカレンダー
    2018年11月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り