札幌市・白石区の鍼灸院|医師との共同研究で磨かれた、やさしい鍼(はり)の専門家

【突発性難聴・症例18】人の声がボワーンと響く

症例18 突発性難聴・人の声がボワーンと響く

患者

女性 40代

来院

2018年 12月

通院

週2〜3回

通院回数

5回

症状

11月中旬、左耳に耳鳴りが発症。前日まで一週間ほど、長男のテスト勉強に付き合い、寝るのが遅かった。病院で突発性難聴と診断され、「アデホスコーワ顆粒、メチコバール錠、イソソルビド内容液」が処方される。同時に、当院とは別の鍼灸院に5日間連続で通い、当初は回復傾向だったが、後半、聴力が下がりはじめた。

 

閉塞感と人の声がボワーンと響く症状が最も辛い。鍼の有効性は感じていたので、難聴に関して専門性の高い当院をネットで見つけ、来院となった。

治療と経過

突発性難聴発症のきっかけが「長時間テスト勉強に付き合っていて寝不足だった」ことから、手と腰に負担がかかり続けたのが原因と考えた。調べてみると、手の負担から来る首の緊張と、腰の負担から来る首の緊張がみられたので、対応するツボに鍼をしたところ、緊張が大幅に緩和した。耳に関連する肩甲骨内縁のポイントの違和感が残っていたので、足にあるツボでに鍼をして、緊張を緩めた。

 

1診目の2日後に「スポッと抜けるように聞こえが良くなった」とのこと。「自分の声がこもっている感じ」は残る。その後、1診目と同様の施術を繰り返した。

 

2診目終了後、「聞こえすぎるくらい調子が良い」状態となるが、「人と話すと耳の奥のスピーカーが揺れるような感じ」がする。3診目終了後、仕事で大きな音に晒される時間が長く、「モワーンとした」感じがしたが、休むと回復した。「5診目で、耳閉感0になった」とのことなので、治療を終了とした。

 

使用した主なツボ

精霊R 陰谷R 地機R

考察

発症のきっかけが「お子さんのテスト勉強につきあったこと」だった。臨床では珍しいケースではないが、病院では「ストレスが原因」と診断されてしまい、有効な治療が施されないまま、回復可能な期間を過ぎてしまうことも少なくない。

 

今回は、鍼灸経験済みで信頼感がある患者さんだったため、発症後から間を開けず来院していただけたので、早期回復につながった。難聴と診断されたら鍼灸という流れを構築できるように、医師とも共同しながら研究とデータ収集を進めていきたい。

 

【YT0010944】

 

お問い合わせはコチラ

お電話での予約・お問い合わせはコチラ

受付時間 9:00〜20:00
最終受付   19:30

休診日 日・月・木曜日

 

LINEでのお問い合わせ

 

 

※友達追加していただいた後、LINEでメッセージをお送りください。

 

ネットでの予約・お問い合わせ

 

突発性難聴・他の症例

難聴・強い耳なり・鼓膜の圧迫感

耳を手で塞いでいるような突発性難聴

突発性難聴(低音)、ブワンとした感じがある。

突発性難聴関連記事

突発性難聴・耳鳴りの鍼灸治療について

突発性難聴の患者さんに、耳鼻科の医師がドライな態度をとるのには理由があった

突発性難聴の施術を得意とする鍼灸師が難聴になって実感したこと。回復の兆しから完治までの記録。

  • 電話受付
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • ネット予約
    ネットで予約する
  • 営業日カレンダー
    « 2019年10月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休日
  • アクセス
    所在地
  • オフィシャルブログ
  • 最近の投稿
  • 一般社団法人 整動協会 SEIDO ASSOCIATION
  • ツボネット