札幌市・白石区の鍼灸院|医師との共同研究で磨かれた、やさしい鍼(はり)の専門家

冷え性の症例

足先と太ももが常に詰めたい下半身型の冷え性

冷え性の症例001

 

下半身型の冷え性に悩む40代の女性Aさんの症例を紹介させて頂きます。

 

2020年1月、ご友人の紹介でご来院されました。

 

冷えによるお悩み

  • 3年前から足先と太ももが常時冷たい。
  • 夏にサンダルを履けなくなった。
  • 寝るときだけ足がほてって用に熱くなり、布団から足を出さないと寝られない。
  • 日中、上半身にほてりを感じるが、下半身が常に冷たい。
  • 座っている際も膝掛けが無いと寒い。
  • 台所でご飯支度をしているときに足が冷たくなる。
  • 足の冷たさは左足の方が強く感じる。

下半身型冷え性の施術と経過

Aさんのふくらはぎに触れると、強い緊張がありました。ふくらはぎの強い緊張が足先の血流を妨げ、足先が冷える下半身型の冷え性と考えました。Aさんは首にも緊張がありました。

 

【1回目】

首とふくらはぎの真ん中にあたる仙骨周辺には、首とふくらはぎ両方に関連するツボがあります。そこに鍼をすると、首とふくらはぎの緊張がほぐれました。すると右足がすぐに暖かくなり、10分後には左右とも足先が暖まっていたので、1回目の施術を終了しました。

 

Aさんのお身体の状態と、生活週間から、週に1回の施術を提案しました。

 

【2回目】

1回目の施術後の一週間は、体全体の冷えが弱まった感じがしたとのことです。今回は、ふくらはぎの緊張をゆるめるのに加えて、血液の循環をよくすることを目指しました。

 

背中の緊張があると、体全体への血液循環が邪魔されます。

 

そのため、手のツボに鍼をして、背中の緊張をゆるめました。さらに、腰のツボでふくらはぎの緊張をゆるめました。鍼をした直後から足が暖まってきました。

 

【3回目】

「一週間、足先が凄く冷たいとかんじることはなくなった」とのことでした。前回と同様の施術をすると、「足の指先が熱い」とAさんが感じるほど暖まりました。

 

【4回目】

「生活上、ものすごく冷たく感じることはなくなった」とのことでした。最初のお悩みが解消したので、通院を終了としました。

まとめ

  • 下半身型の冷え性は、のぼせを伴うことがある。
  • ふくらはぎの緊張が足先の冷えの原因だった。
  • ふくらはぎの緊張は首と腰の緊張に深く関係している。
  • 腰のツボに鍼をすると、ふくらはぎの緊張がゆるみ、足先が暖まった。
  • 背中の緊張をゆるめると、血液循環が上手くいくようになり、体が冷えにくくなる。

 

  • 電話受付
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
Twitter