札幌市・白石区の鍼灸院|医師との共同研究で磨かれた、やさしい鍼(はり)の専門家

スタッフ

 

 

若林耕 Kou Wakabayashi(鍼灸師)

 

私は男3人兄弟で小学校から中学までサッカーをしていました。

 

その時、成長期も重なり膝の痛みが頻繁に出ていました。そんな

時に一番上の兄が本を買ってきてテーピングをしてくれました。当時は兄も資格などは無かったのですが、小学生の私はとても嬉しかった覚えがあります。

 

その後、鍼灸師を目指すきっかけになったのも、兄の鍼灸師という人の役に立てる仕事があるよという一言で鍼灸師を目指しました。

 

鍼灸院で施術をする中で、痛みはあるが病院などでは異常がないと診断を受ける方を多く目にするようになりました。

 

痛みがある方に施術を行い、痛みや不調が改善される場面を何度も見てきました。もっと多くの方に「良くなった」と思ってもらえる可能性が鍼灸にはあります。

 

私自身、運動が好きですのでアスリートの身体の不調や試合前の身体の痛みの改善を得意としています。

 

痛みや不調を1人で抱えこまずに私たち専門家にご相談していただく事により根本的な原因を見つけていきます。

 

鍼灸にしかできない専門的な分野を研究し、さらに鍼灸の可能性をひろげていきます。

若林耕 プロフィール

氏名 若林耕(わかばやしこう)
出身 札幌市東区
資格 はり師・きゅう師(国家資格)
趣味 ボクシング 読書 サウナ 子供と遊ぶ
好きな映画  千と千尋の神隠し
好きな

アーティスト

ライムスター THE BLUE HERB
好きなもの 家族で出かけること
苦手なもの 蜘蛛
好きな言葉 ハングリーであれ。愚か者であれ。

 

 

 

 

谷地一博 Kazuhiro Yachi(鍼灸師・医学修士)

はじめまして。

 

鍼灸師の谷地一博です。私は北海道大学医学部でガンの研究をしていましたが、病院から見放されてしまった青年を鍼灸治療で快復させることができた経験から、鍼灸に惚れ込み、この世界で生きていこうと決意しました。

 

札幌市白石区で開院以来、鍼灸治療と研究に没頭する毎日ですが、鍼灸には、一生をかけて追求するだけの、素晴らしい可能性があると日々感じています。また、人に寄り添う医療として、これ以上のものはないとも思っています。

 

治療を受けるごとに、痛み、悩みから解放され、なりたい自分へ近づいていく、そんなあなたの生き生きとした新しい日々を実現するために、この治療院を作りました。本気で治したいあなたのお手伝いをしたいと考えています。

谷地一博 プロフィール

氏名 谷地一博(やちかずひろ)
出身 札幌市白石区・小中学校時代は余市町で過ごしました。
資格 はり師・きゅう師(国家資格)、医学修士(北海道大学医学部)
趣味 治療法の研究 読書 ダンス サウナ
好きな映画  愛のむき出し ロッキー インビクタス
好きな

アーティスト

プリンス マイケル・ジャクソン マイルス・デイヴィス 

岡村靖幸 ジャコ・パストリアス

好きな

テレビ番組

スクスク子育て・ウルトラマンジード・仮面ライダービルド
好きなもの 奥さんの手料理
苦手なもの マイクロソフト製品
好きな言葉 Live as if you were to die tomorrow,

Learn as if you were to live forever.

(明日死ぬかのように生きよ、永遠に生きるかのように学べ)

〜マハトマ・ガンディー〜

免許証

「はり師」「きゅう師」は国家資格です・

 

国が認めた養成学校で医学と実技を3年間学び、国家試験に合格した者に与えられる資格です。

針師免許灸師免許