札幌市・白石区の鍼灸院|突発性難聴・耳鳴り・頭痛・肩こり・首の痛み・生理痛

突発性難聴・耳鳴

専門治療院だからこそお役に立てることがあります
突発性難聴バナー
突発性難聴は早期の鍼治療が効果的です

3ヶ月以内なら聴力回復の可能性は十分にあります

突発性難聴は、病院での改善率が30%とされています。さらに、発症後2週間を過ぎると、治療を続けても医学的に回復は難しいとされています。

 

しかし、快気堂鍼灸院では、はり治療によって聴力が回復する例が豊富にあります1ヶ月以内の施術開始であれば70〜80%の改善率が見込めます。

 

ただし、突発性難聴の改善率は、発症してから施術を開始するまでの時間の影響を大きく受けます。

 

3ヶ月以内であれば、聴力回復の可能性は十分あるといえます。耳鼻科の治療で結果が思わしくなくても、あきらめないで下さい。

 

快気堂の改善率のめやす

○   1ヶ月以内 改善率 70〜80% 10割までの回復(完治)を目標に出来ます。

○ 3ヶ月以内 改善率 60〜70%  8割までの回復を目標に出来ます。

突発性難聴改善率

施術開始時期と改善率

ただし、当院でも発症から6ヶ月を過ぎると回復は難しくなってきます。

 

○ 6ヶ月以内 20〜30% 少しでも回復すればといったところです。

○ 数年経過   10%未満  かなり厳しくなります。

突発性難聴 問診

 

発症から施術開始までの時間が短いほど、完治の可能性が高くなります。

 

できるだけ良い状態まで早く回復していただきたい考えています。

 

突発性難聴、感音性難聴、メニエールと診断されたら、お早めにご相談ください。

 

このような方に

  • 病院の治療で回復が思わしくない
  • 耳鳴りがストレスに感じる
  • 耳に違和感がある(閉塞感、圧迫感、痛み、重さ)
  • 自分の声や、お店でのアナウンスが響いて聞こえる
  • 医師はあきらめているが、自分はあきらめたくない
  • 他の治療院に行っても回復の兆しが見えない
  • 病院の治療だけでは不安だ

結果を公開

突発性難聴治療経過オージオグラム

専門治療院だからこそ、豊富な治療実績があります。その一部を症例として公開しています。回復までどのような経過を辿るのか、通院の際のご参考のためにも、ご覧下さい。

 

 

 

患者様の声

佐伯範彦さん
男性 30代
北海道虻田郡洞爺湖町

正直、自分の耳はもう元に戻らないと諦めかけていました。

驚くことに最初から治療の効果は現れました。

最初は諦めかけていた治療も、次はどんな変化があるんだろう?と好奇心と希望を持つことができるようになりました。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

H.Oさん 
女性 50代
札幌市厚別区

こちらの鍼は「こんな優しい施術で大丈夫?」と思ってしまうくらいの感触で、鍼に恐怖心を持っている方にもお勧めです。

 

すっと耳鳴りも耳閉感も取れて、聴力も最初40dbだったものが正常値の20dbまで戻り、今は何の違和感もありません。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

K.H様
女性 34歳
札幌市北区

週に2回程のペースで通い、60dbまで下がってしまった聴力が20dbまで回復しました。今も回復を続けています。耳鼻科の医師には「この聞こえ方に慣れていくしかない」と言われましたが諦めなくて本当に良かったです。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

突発性難聴・耳鳴りの原因

内耳・外耳イメージ02ある日突然耳が聞こえなくなってしまう突発性難聴。診断の基準は「原因が分からない」ことです。

 

医師が、難聴の原因と考えられるものを一通り調べ、それでも原因が分からないときに、突発性難聴と診断されます。

 

予想されている原因のうち、最も有力だとされているのは「内耳の血行不良」です。

 

内耳には、耳に入ってきた音を脳に伝わる信号に変換する細胞と、信号を脳へ運ぶ神経細胞があります。

 

これらは、細胞なので、血液が運んでくれる酸素や栄養素をエネルギー源としています。血流が低下すると、エネルギーが不足し、仮死状態のようになって働かなくなってしまい、音の情報が脳に伝わらなくなり、聞こえなくなるのです。

 

音の情報が脳に伝わらなくなると、脳が聞こえない部分を補おうとして、信号の感度を目一杯上げるので、耳鳴りが発生します。カラオケマイクのボリュームを目一杯上げると、キーンと鳴るのと似ています。

血流が阻害される原因

内耳筋肉締め付け03突発性難聴・耳鳴りの治療をしていると、患者さんに共通する特徴があることに気づきます。肩から首、そして耳の周りにかけての筋肉の緊張(コリ)が非常に強いのです。

 

筋肉の過度の緊張は、血管を締め付け、血行不良を招きます。

 

肩・頚・耳周りにある緊張が、耳の奥深くまでつながり、内耳の血流が遮られているため、突発性難聴が発生していると考えられます。

病院で改善するのは3人に一人

ステロイド・循環改善薬・高圧酸素療法など、一般的に病院で施される治療法は、この根本原因にアプローチすることができないため、現在も治癒率が上がっていません。2週間以内に耳鼻科で治療を始めても、回復率は3割です。

 

コリを治療するのが現代医学は苦手なためです。

突発性難聴・耳鳴り治療に鍼治療が優れている理由

首こり特徴01鍼治療は、筋肉の緊張を緩め、血流改善させるのを得意としています。

 

ただし、血管拡張薬や循環改善薬のように、全身で血流改善すると、逆に必要な血液が内耳まで行き渡らなくなるという危険性があります。

 

鍼治療は、厳選されたツボに精度の高い施術をすることで、狙ったコリだけ緩めることも可能です。

 

鍼治療は、内耳の血流低下という突発性難聴・耳鳴りの根本原因に理想的なアプローチができる、数少ない治療法と言えます。

 

突発性難聴・耳鳴りに特化した快気堂の鍼治療とは

快気堂では、内耳の血流をピンポイントで改善するという、突発性難聴・耳鳴り治療に最も重要なポイントを、あらゆる角度から検討し、精度を高めてきました。

 

その結果、快気堂の鍼治療は、一般的な鍼治療とは違う、次のような特徴を持つようになり、改善率が飛躍的に高まりました。

1.耳の周りに鍼をしない

鍼を打つ耳の奥(内耳)の血流を回復させるためには、耳周りに深く鍼をすると効きそうな感じがするかもしれません。しかし、このやり方で改善率は上がりませんでした。

 

内耳の深さまで鍼を届かせる事は危険ですし、不可能です。

 

また、凝り固まっている部分へ直接鍼をしたり、指圧などで刺激を与えると、防御反応が起こり、より緊張が増す危険性があります。一時的に血流が上がり、すっきりした感じがしますが、組織が壊れ、炎症が起こり、感覚が麻痺しているだけなのです。根本的な解決にはなりません。

 

耳の奥の緊張を調整するには、耳から離れた、手や足、背中のツボなどを使った方が効果的であることが分かってきました。

 

当院では、身体全体にある耳の奥に影響を与えるツボを徹底的に調査し、抽出しています。その中から、あなたの状態に合わせたツボを厳選して治療します。

2.少ない鍼の本数

一本のハリ一回の治療で使う鍼は3〜7本です。これは、一般的な鍼灸院と比べて少なめです。

 

突発性難聴・耳鳴りで重要なのは、ピンポイントで耳の奥にある内耳の血流を増やすことです。関係の無い部分まで影響が分散すると、内耳への効果が薄れてしまいます

 

また、鍼の本数が少ないと、身体への負担も減らすことができ、回復も早まります。

3.顎関節の調整

顎関節ターゲット01内耳と顎関節には密接な関係があります。

 

耳の穴に指を入れて、口を開け閉めすると、顎関節の動きを耳の穴の奥深くに感じることができます。

 

つまり、顎関節の動きは、耳の奥と連動し、密接な関係を持っているのです。

 

そのため、顎関節が過度の緊張で硬くなると、内耳の血流に強い影響を及ぼすと考えられます。

 

実際に、顎関節に問題を抱えている人が、突発性難聴になるケースも少なくありません。

 

顎の動きは、全身のバランスと関わってきます。顎の調整をするには、全身のバランスを診て、修正していく必要があります。

 

病院では、耳は耳鼻科、顎は口腔外科と、別々に診るため、顎関節と難聴の関係に気づきにくいのです。

4.首こり・肩こりを原因から根本解決

肩こり筋肉突発性難聴・耳鳴り治療の鍵となる顎関節。顎関節の動きを支えているのは、首と肩の筋肉です。

 

突発性難聴・耳鳴り治療には、首こり・肩こりを解消し、顎関節のスムーズな動きを取り戻すことが欠かせません

 

首こり・肩こりを生み出しているのは、身体の動きの歪みです。そのため、コリそのものに施術を加えても、原因が解決されるわけでは無いので、一時的な変化にとどまります。

 

当院では、コリとは場所が離れた、手・足・背中のツボを使い、全身の動きを調整することで、首こり肩こりを根本原因から解決し、再発しない身体を作っていきます。

5.客観的データの確認

オージオメータ当院では、聴力検査(オージオグラム)を参考にしながら、病状を客観的に判断していきます。

 

症状と検査データを照らし合わせることで、治療の効果を患者様と共有し、治療計画を一人一人の状態に合わせて組み立てていきます。

 

 

通院について

突発性難聴とそれに伴う耳鳴りでは、早く確実に内耳の血流を取り戻すため

週に2〜3回の施術が必要です。

 

血流が不足した状態が続くと、仮死状態だった内耳の細胞が死滅していき、回復が難しくなります。そのため、症状が出てから鍼治療を開始するまでの時間が短いほど、有効性が高くなります。

 

発症から1ヶ月以内であれば、改善の見込みがあります。もし、一週間以内に治療を開始できれば、さらに理想的と言えます。

 

軽微な症状では、3回程度で完全回復する例もありますが、ほとんどの場合、5回以上の施術を必要とします。

 

治療期間は1〜3ヶ月です。

 

耳鳴り単独の症状である場合、週1〜2回の通院が必要です。3〜5回の施術で改善の兆しが現れた場合は、継続すると改善を見込めます。

 

突発性難聴と耳鳴りで使うツボ

既存の治療法に固執せず、突発性難聴・耳鳴りが改善する事だけを優先し、あらゆる角度から検討した結果、手足・背中のツボを鍼で治療することが、理想的な効果を最も得られる方法であるという結論に至りました。

 

目的は、耳の奥の血流を回復させることです。図のイメージ以外にも、お一人お一人の症状や状態にあわせて、最適なツボを選択していきます。

使うツボ

医師との共同研究

2017年12月より北斗病院と共同で、はり治療の効果についての研究がスタートしました。当院の鍼治療の成果が認められてのことです。

 

現在、基礎的な研究では予想以上に良いデータが出ています。今後、耳鼻科と共同で、突発性難聴に対する鍼治療の効果も研究をすすめていきます。

突発性難聴・耳鳴りに特化した理由

美利子と一博院長である私の鍼灸師人生は、母が重度のめまいを伴った突発性難聴・耳鳴りを発症し、その治療に取り組んだところから始まっています。

 

それ以来、突発性難聴・耳鳴りの治療に、こだわりを持って取り組んできました。

 

当院は突発性難聴・耳鳴り治療を専門としています。専門治療院だからこそ、お役に立てる事があると考えています。

 

病院・漢方薬・指圧や整体・一般的な鍼灸院で改善できなかった突発性難聴・耳鳴りのお悩みも、お気軽にご相談ください。

 

わたし達が担当します

谷地一博(院長)

鍼灸師・医学修士・整動協会副代表・北斗病院精密医療センター共同研究鍼灸師

 

 

肩こり、腰痛、肘膝など運動器系の不調の他に、突発性難聴、耳鳴り、めまい、頭痛、偏頭痛などの症状も得意としています。他の医療機関で回復がみられなくても、一度ご相談ください。

須藤るる(副院長)

鍼灸師

 

生理痛、PMSなどの婦人科疾患、肩こり、腰痛、足の痛みなどの不調を得意としています。女性鍼灸師だからこその強みを活かして、お役に立ちたいと思っています。

 

 

 

音を取り戻す

耳が聞こえる03

突然、耳が聞こえなくなり、耳鳴りが発症すると、強い不安やストレスにさらされます。私達は、一刻も早く、音を取り戻し、不安を解消して頂きたいと考え、技術を磨いています。

 

全ての方を完治させることはできません。半分程度の改善、若干の改善にとどまる例もあります。残念な結果に終わる場合もあります。

 

その一方で、完全回復に至り、喜びを分かち合わせて頂くことも少なくありません。

突発性難聴・耳鳴りの治療は、鍼治療技術の集大成です。結果を出すためには、最高水準の技術が必要です。専門的な研究と研鑽は欠かせません。

 

また、鍼にしかできない治療効果を最も感じて頂ける分野であり、治療家人生を賭ける価値があるものと考えています。

 

聴力を取り戻す喜びを、多くの方と分かち合えることを願っています。

 

回復の可能性は、治療が早期であるほど高まります。

 

落ち着いて検討し、心が決まりましたら、1日でも早くご相談ください。

 

  • 電話受付
  • 地図
  • お問い合わせフォーム