札幌市・白石区の鍼灸院|医師との共同研究で磨かれた、やさしい鍼(はり)の専門家

花粉症の鍼灸治療

花粉症の季節、つらい鼻水、鼻づまり、目のかゆみで仕事や家事に集中できないと悩んでいませんか?

 

快気堂鍼灸院白石花粉症専門はり治療は、薬のような副作用の心配もなく、花粉症の根本原因を改善することが出来ます。

 

花粉症の根本的な原因は、体にこもった熱にあります。快気堂鍼灸院白石では、体の熱の問題を解決する技術に特化して研究と検証を繰り返してきました。その結果、鍼(はり)のシールを貼るだけという、短時間・低刺激の施術花粉症の改善が可能になり、完治を目指すことも出来るようになりました。

花粉症のこんなことで悩んでいませんか?

  • 仕事や家事に集中できなくてストレスになっている
  • 花粉症で外出が楽しめない
  • 薬の副作用が辛い
  • 薬を使いたくない
  • 花粉症を根本原因から解決したい

快気堂の鍼治療が花粉症に有効な理由

快気堂鍼灸院白石で提供する花粉症に特化した鍼治療の仕組みを知っていただくために、次の4つの事について説明させていただきます。

花粉症について

花粉症腕多くの人が悩んでいます

厚生労働省の調査によると、日本人の4人に1人が花粉症に悩んでおり、増加傾向にあるとされています。発症が低年齢化しているのも最近の傾向です。

 

全国的にはスギ花粉症が多いですが、北海道はシラカバ花粉症イネ科牧草花粉症が大半を占めます。

花粉症のメカニズム

花粉症とは、アレルギーの病気です

 

花粉が鼻の粘膜に付着すると、身体は花粉を侵入者とみなして攻撃します。このとき発生するヒスタミンクシャミを引き起こし、鼻水を分泌させます。さらにヒスタミンは血管を刺激するので、鼻づまりがおきます。アレルギー反応が過剰になると、ヒスタミンが大量に分泌され、かゆみ喉の違和感などの症状が発症するようになります。

 

西洋医学ではアレルギーを治す有効な手立てがまだ無いため、病院での治療は各症状への

対処療法が中心となります。

病院の治療について

病院での治療は、「薬」「レーザー」「免疫療法」の3つがメインになります。

病院の花粉症治療:薬

病院で処方される薬は、ヒスタミンをブロックする「第二世代抗ヒスタミン薬」がベースとなります。鼻づまりが治まらない場合は点鼻薬、目のかゆみが治まらない場合は点眼薬を組み合わせて処方されます。

 

花粉症の薬は、眠気、口の渇き、のぼせ感などの副作用があります。花粉症の症状が強ければ強い薬が使われるので、副作用も強くなります。

 

また、根本的な原因を解決するわけではないので、強い薬でも効果が出ない例も少なくありません。

病院の花粉症治療:レーザー

鼻の粘膜をレーザーによって変性させて、アレルギー反応を起こしにくくする治療法です。くしゃみ、鼻水、鼻づまりは50〜80%の改善率と言われています。効果は平均1〜2年続くとされています。

 

原因であるアレルギーが解消するわけではないので、鼻の症状しか効果がないのがデメリットです。

病院の花粉症治療:免疫療法

スギやブタクサなどのアレルゲンを少量ずつ繰り返し投与し、体に慣らすことで体質改善を促します。10〜20%の人が完治し、60%の人に症状の軽減が見られると報告されています。

 

ただし、即効性がありません。効果が出るまで2〜3年かかり、5年間の継続が推奨されています。

鍼灸の一般的な花粉症施術について

一般的な鍼灸治療で花粉症鍼灸の花粉症への効果は昔から知られてきました。一般的に、花粉症の鍼灸施術は「鼻や顔に鍼をする」事がほとんどです。

 

鍼治療には炎症を抑える効果があります。そのため、鼻周辺に鍼をすると粘膜の炎症が抑えられ、施術直後はスッキリします。しかし、数日すると症状が戻ってしまうことが多いです。

 

少しの期間、花粉症の症状を緩和することには適していますが、根本からの解決は困難です。

快気堂の花粉症専門はり治療について

アレルギーの正体は「こもった熱」

花粉症の症状が強いとき、顔のほてりを感じませんか。花粉症に悩む人には「顔に熱がこもっている」という特徴があります。この熱がアレルギー症状の正体です。

 

こもった熱は、逃げ場を求めて外へ開いている鼻、目、口に集まります。熱が集まると粘膜が敏感になります。花粉が敏感になった粘膜に付着すると、強い炎症反応が起きます。そのため鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、喉の違和感などが出るのです。

 

つまり、顔に熱がこもらないようにすれば、花粉症が根本から解消出来るのです。

熱をコントロールして花粉症を根本から解消

「熱」の適切なコントロールが花粉症改善、そして完治のカギを握ります。

 

ポイントはうなじです。熱は上にのぼる性質を持っています。熱は血液で全身に巡っていきますが、うなじにコリがあると、熱を下ろす道がふさがれてしまい、熱が顔にたまり続けてしまいます。

 

うなじのこりを原因から解決すれば、熱の通り道ができて顔にこもらないので、花粉を吸い込んでも症状が出なくなります

 

ただし、うなじに直接鍼をしても、根本解決にはなりません。うなじの緊張を作り出している手や足のツボにシール鍼を貼ることで、根本的な解決を図れます。手足にある根本的な原因を見つけ出すには、高い技術が必要です。

 

快気堂鍼灸院では、花粉症治療に特化した技術を磨いているので、成果を出せるのです。

痛みのないシール鍼を使います

問診と検査(主に触診です)によって、熱がこもる原因を探り、ツボを選びます。

選んだツボに鍼のついたシールを貼ります。

 

シールの鍼は肉眼でやっと見えるくらい(0.6mm)のもので、全く痛みはありません。シールを貼られた感覚だけです。幼児でも平気で受けられるものです。

通院のタイミングと期間

症状が本格化してからでも効果は出ますが、症状の兆しが出たタイミングが最も改善スピードが早くなります

 

治療は5回単位(1クール)で行います。症状によって必要なクール数は変わりますが、平均的に1クール(5回)で効果を実感していただき、2〜3クールを目安に症状ゼロを目指します。週に2回ペースの通院が必要です。

 

料金表

花粉症専用施術(シール鍼)
初診料

2,000円(税込)

施術料 5回分

19,000円(税込)

時間の目安
初診:20〜30分 2診目以降:15分

※ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

花粉症治療専門

週2回、15分の施術で、花粉症による、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ根本から解消することが出来ます。数クール続けることで、花粉で悩まない生活を目指すことが出来ます。

 

2019年の花粉症治療の受付は1月22日より受け付けます。毎年、花粉症シーズンは、非常に多くの方に御相談を頂きます。質を落とさず施術を提供するため、2月・3月・4月の定員を50名とし、定員になった場合は受け付けを終了させていただきます。

 

症状の兆候が見えたら、お早めに御相談下さい。

 

お問い合わせはコチラ

※花粉症専門治療は、お電話か、LINEのみの受付となります。

 

お電話での予約・お問い合わせはコチラ

受付時間 9:00〜20:00
最終受付   19:30

休診日 日・月・木曜日

 

LINEでのお問い合わせ

 

 

※友達追加していただいた後、LINEでメッセージをお送りください。

追伸

花粉症で最も辛いのは、自分の人生に専念できないことではないでしょうか。くしゃみ、鼻水、はなづまり、目のかゆみがひどくなると、仕事や家事に集中できなかったり、楽しいはずのお出かけにも不安を感じてしまいます。

 

イライラは花粉症を悪化させます。ですが、花粉症によって日々の生活がままならず、イライラすることが増え、花粉症がまた悪化するという悪循環に陥ってしまうことも珍しくありません。

 

薬は症状を緩和しますが、副作用によって集中力を奪われてしまえば、自分の人生に専念できているとは言えません。

 

また、薬の使用は、妊婦さんや、授乳中のお母さん、お子さんにとっては不安を感じる面もあると思います。

 

薬を続けることに抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。

 

薬で効果がでず、「花粉症は一生付き合っていくもの」と諦めていた方が、当院の鍼灸で症状が改善し、自分の人生を取り戻していく姿を何度も見てきました

 

病院での施術内容に不安を感じているようであれば、どんな小さいことでも良いので相談して下さい。

 

私たちと一緒に、あなたのお悩みを解決していきましょう。

 

 

お問い合わせはコチラ

花粉症専門治療は、お電話か、LINEのみの受付となります。

 

お電話での予約・お問い合わせはコチラ

受付時間 9:00〜20:00
最終受付   19:30

休診日 日・月・木曜日

 

LINEでのお問い合わせ

 

 

※友達追加していただいた後、LINEでメッセージをお送りください。

 

 

  • 電話受付
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • ネット予約
    ネットで予約する
  • 営業日カレンダー
    « 2019年8月»
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    • 休日
  • アクセス
    所在地
  • オフィシャルブログ
  • 最近の投稿
  • 一般社団法人 整動協会 SEIDO ASSOCIATION
  • ツボネット