札幌市・白石区の鍼灸院|医師との共同研究で磨かれた、やさしい鍼(はり)の専門家

ヒステリー球(咽喉頭異常感症)の治療

 

快気堂鍼灸院白石(かいきどうしんきゅういんしろいし)のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

当院は、ヒステリー球(咽喉頭異常感症・梅核気)を克服したい方のための耳鼻咽喉科を専門とする鍼灸院です。

ヒステリー球(梅核気)に特化した鍼灸治療とカウンセリング

 

まず、はじめにお伝えしたいことは、病院の治療で中々改善しない症状であっても、改善できる可能性が大いにあるということです。

 

当院は医師と共同研究を繰り返してきました。そこで、病院で回復が難しいとされた重い症状のヒステリー球にも改善が認めらています

 

喉の異物感、締め付け、圧迫感のため、思うように生活できないというお悩みを、できるだけ早く解消していただくことを私たちは目指しています。

 

安心して任せていただけるように、耳鼻科領域を専門とする鍼灸師がマンツーマンで施術させていただきます。他の患者さんとの同時進行はいたしません。

 

ご来院いただいたら、お悩みを共有できるように、丁寧にカウンセリングさせていただきます。

 

その後、落ち着きのある個室で施術をはじめます。

 

薬やリハビリ、マッサージなど他の療法とは違った、体の変化を実感していただけるはずです。

ヒステリー球には札幌の鍼灸院は皆様の声を大事にします

ヒステリー球(咽喉頭異常感症・梅核気)の原因

ヒステリー球の主な原因は輪状咽頭筋の過緊張であることが最近の研究でわかってきました。

 

輪状咽頭筋は食道の周りをぐるりと覆っています。輪状咽頭筋は、食道を食べ物が通るときに広がり、それ以外の時は閉じて逆流を防ぎます。

 

この輪状咽頭筋が強張って閉じたままになると、何かがノドに詰まっているような感覚が生まれ、食べ物がうまく飲み込めなくなったり、息苦しさを感じたりします。

 

これがヒステリー球の正体です。

 

ヒステリー球はノドに梅のタネが詰まったような感覚がすることから、梅核気と呼ばれることもあります。

ヒステリー球・病院での治療

薬剤による頭痛治療

病院はヒステリー球(咽喉頭異常感症)の治療が不得意です。

 

まず、検査で輪状咽頭筋の発見ができません。検査を重ねても異常が見つからず、それでも症状のあるものにヒステリー球(咽喉頭異常感症)と診断します。

 

さらに、診断がついても、輪状咽頭筋はノドの深いところにあります。薬やマッサージでは、この強張りを取ることは困難です。

 

そのため、柴朴湯(さいぼくとう)などの漢方が処方されたり、自律神経を調整することを目的とした治療が行われることが多いです。

 

しかし、自律神経の働きは体の生命活動全てに関わる膨大なものです。途方もなく広い自律神経に働きかけても、ほんの一部にしか過ぎない輪状咽頭筋を的確に調整できる確率は低いと言わざるをえません。

 

自律神経について詳しくはコチラ

 

ヒステリー球を解消するための治療法

通常、鍼やマッサージの刺激は輪状咽頭筋まで届きません。ノドに施術をしても効果は限られています。

 

この問題を解決するために、私たちは、医師や研究者と共同で検証を重ね、輪状咽頭筋の強張りを緩める方法を見つけ出しました。

 

それは、手や足にあるツボへの鍼治療です。手や足の特定のツボに鍼をすると、輪状咽頭筋周辺の強張りがピンポイントで解消するのです。

 

手を強く握ると肩や首も連動して緊張します。これと同じように、手や足のあるポイントの緊張と輪状咽頭筋の強張りはシンクロします。この作用を利用して、治療法を発展させました。

ヒステリー球(咽喉頭異常感症)を鍼灸で医師と共同研究

私たちは、治療の精度を高めるため、病院の研究施設で検証を繰り返しました。結果、病院でも改善が見られたなかったヒステリー球(咽喉頭異常感症・梅核気)に当院の鍼治療の効果が認められています。

快気堂鍼灸院白石の鍼治療

名医が認める鍼灸師の施術風景

当院のヒステリー球治療には次のような特徴があります。

  • 鍼の本数が少なく、優しい施述
  • 肩・首ではなく、原因である手・足などのツボを使う
  • 医師との共同研究で得られたデータから厳選したツボを使う
  • 病院の研修施設で400時間以上の実践トレーニングを積んだ耳鼻科専門の鍼灸師が施術
  • 患者さんと術者が、症状に対する理解を深めあうためのカウンセリングを重視

 

ヒステリー球の原因は手・足・腰などにあります。首や肩に強い刺激を加えても、原因が残っているので一時的な緩和にとどまり、場合によっては悪化します。

 

 

ヒステリー球を引き起こす手や足の緊張には、いくつかのタイプがあります。必要のない施術は、効果を弱め、時には症状を悪化させる原因にもなります。

 

当院では病院の研究施設で繰り返し検証することで得られたデータから、お一人お一人の症状に合わせて最適なツボを選択して施術します。

木のぬくもりが感じられる施術室

 

施術の制度を高めるため、患者さんと術者が症状に対する理解を一緒に深められるように、カウンセリングを重視しています。

 

刺激が少ない、安全な施術で早い回復を目指していまきす。

治療結果を公開

喉の違和感の症例ヒステリー球専門治療院だからこそ、豊富な治療実績があります。その一部を症例として公開しています。回復までどのような経過を辿るのかをご覧ください。

 

 

医師・医学博士より推薦をいただいています

より多くの患者さんが恩恵を受けられることを祈っています

医学部特任助教加藤容崇

医師・医学博士 加藤容崇先生

ハーバード大学付属病院で研究をしていたとき、癌の疼痛緩和チームに鍼灸師が活躍していました。そこで、日本でも鍼治療を癌性疼痛の緩和に使うことを考えました。しかし、鍼治療は科学的に証明することが難しくエビデンス(科学的根拠)を重視する病院では受け入れて貰えませんでした。そこで諦めずに快気堂鍼灸院の先生達とともに脳科学の技術を使って解析を始めました。

研究の結果は非常に良好で、従来証明が困難であったとされる項目ですら楽々クリアするほどの結果で、科学的にもその効果が証明されましたので、現在学術英文論文を投稿準備中です。

快気堂鍼灸院の先生達は自らの利益を後回しにしてでも患者さんに尽くす立派な人柄だけでなく、鍼灸師としても、現在世界で唯一科学的に治療効果が実証可能であった治療技術を持つ先生ですので信頼しています。今後、より多くの患者さんがその恩恵が得られることを祈っております。

 

 

当院の技術はメディアでも紹介されています

当院が取り組む、医師との共同研究と病院での鍼治療提供が、医療雑誌「受けたい医療2019」で取り上げられました。

 

施術料金 
初診料  施術料
1.000円(税込) 5,500円(税込)
滞在時間(目安) / 初診:60分 2診目~:30分

 

滞在時間は目安です。十分な変化が確認できた時点で終了します(余計な刺激で回復を妨げないため)。

 

札幌市の快気堂鍼灸院の電話連絡

 

 

 

札幌市の鍼灸院LINE予約可能

 

 

 

札幌市の鍼灸院はネットでの予約が可能

通院回数・頻度について

通院回数・頻度については、症状の重さや生活習慣によって大きく変わってきます

平均的には、週に1回のペースを2ヶ月ほど続けて克服にいたる方が多くなっています。

 

必要な通院回数・頻度については、次のように4つの段階があると当院では考えています。

難聴・耳鳴り・喉のつまり・メニエールなど耳鼻咽喉科専門鍼灸院の通院ペースについて

①立て直し期

症状が常にあり、生活がままならないほど重い方はここからスタートになります。

体の回復力がほぼ無く、放っておくと悪化する状態です。

集中的な鍼(はり)治療によってお身体の調子を立て直していきます。

週に2〜3回の通院をお勧めします。いかに早く、次の回復期に移行するかが目標です。平均は5回程です。

②回復期

週に何度か症状に悩まされる方はここからスタートです。

体の回復力と症状が釣り合ってる状態で、放っておくと同じ状況が続きます。

鍼治療により、回復力を高めます。週に1回のペースをお勧めします平均で5回程度で次の定着期に移行しています。

③定着期

体の回復力が出てきて、症状が出ても時間をおけば回復する状態です。

2〜3週に1回の施術をお勧めします。良い状態を体に定着させ、鍼治療をしなくても良い状態をキープできるお身体を目指します。

④お手入れ期

ほぼ症状はないが、月に数回不安な時がある状態です。セルフケアで良い状態を保てる場合がほとんどですが、生活上の負担が大きい方は、月に1〜2回の鍼治療によるお手入れが必要なケースもあります。

最良の治療計画を

当院ではできるだけ早く症状を改善し、不安なく過ごしていただけるお身体を目指して、最良の治療計画をお伝えします。無理にお勧めすることはありません。不安な点があれば、些細なことでもお気軽にご相談ください。

 

 

鍼灸院が選ばれる6つの理由ランキング

1

医師との共同研究で

高い評価

鍼灸を病院と共同研究2017年より、北斗病院で医師・研究者と鍼治療の共同研究を続けています。

 

当院の鍼治療は科学的に検証され、高い評価を受けています。

 

研究は継続中で、より良い成果を求めて当院の鍼治療は進化し続けています。

 

2

病院で難病治療を任される

鍼灸師チーム

医師に認められた鍼灸師当院の鍼灸師は、毎週、北斗病院の鍼治療専門施設で、病院では中々改善しない患者さんへの治療を任されています。

 

この試みは高く評価され、全国から鍼灸師だけでなく医師・研究者が研修にいらっしゃります。

 

毎回、医師が効果をリサーチする厳しい環境で、実力が認められた鍼灸師だけが当院の施術を担当します。

 

私たちは医師・研究者の協力を得ながら、常に技術を磨き続けています。

 

3

優しい鍼治療で
根本原因に

アプローチできる

札幌市の鍼灸院は優しい鍼治療で小学生でも受けられます医学的な検証が、精度の高い施術を可能にしました。

 

少ない本数、小さな刺激で最大限の効果が得られます。

 

逆に、余計な施術は回復の妨げになることもわかってきました。

 

当院の鍼治療は安全で痛みが少ないので小学生でも受けられます。

4

一緒に理解をする

一緒に理解し合う鍼灸あなたと一緒にお体の状態を理解していくことを大切にしています。

 

一方的な施術はしません。

 

丁寧なカウンセリングはもちろん、鍼を一本するごとに体の変化を確認して、一人一人のお体に最適な方法で施術をいたします。

 

 

 

5

木のぬくもりが感じられる

プライベート空間

木のぬくもりが感じられる施術室安心して施術を受けていただけるように、医療施設として清潔であることはもちろん、プライバシーが保たれていること温かみのある過ごしやすさがあることにもこだわっています。

 

木のぬくもりが感じられる個室で「ご自身のお身体が良くなっていくこと」に集中していただきたいと考えています。

 

 

6

「良くなっていく喜び」

分かちあいたい

毎週、医師の検証を受けながら技術を磨くというのは、厳しい体験です。それでも挑戦するのは、あなたと「良くなっていく喜び」を一緒に分かち合いたいという強い思いがあるからです。

 

お悩みから解放されたら、何をしたいですか?

 

お体のお悩みを抱えたあなたからの、ご相談をお待ちしています。

 

 

わたし達が担当します

 

須藤るる (Lulu Sudo)

鍼灸師・北斗病院鍼治療センター共同研究鍼灸師

 

ヒステリー球をはじめ、突発性難聴、耳鳴り、めまい、メニエール病などの耳鼻科領域、生理痛、PMSなどの婦人科疾患などの不調を得意としています。女性鍼灸師だからこその強みを活かして、お役に立ちたいと思っています。

 

 

 

若林 耕(Kou Wakabayashi)

札幌,鍼灸師,若林耕鍼灸師・北斗病院鍼治療センター共同研究鍼灸師

 

ヒステリー球の他にも、突発性難聴、耳鳴り、メニエール病、感音性難聴などの耳鼻科領域、肘・膝の痛み、腰痛、脊柱管狭窄症、足底筋膜炎などの症状を得意としています。プロボクサーだった経験から、スポーツ系の不調、セルフケアにも通じています。できるだけ早い回復を一緒に目指しましょう。

 

 

谷地一博 (Kazuhiro Yachi)

鍼灸師・医学修士・北斗病院精密医療センター指導鍼灸師

 

ヒステリー球、突発性難聴、耳鳴り、めまい、メニエール病、頭痛、偏頭痛などの症状も得意としています。他の医療機関で回復がみられなくても、一度ご相談ください。

 

 

札幌市の快気堂鍼灸院の電話連絡

 

 

 

札幌市の鍼灸院LINE予約可能

 

 

 

札幌市の鍼灸院はネットでの予約が可能

最後に

ノドに何かが詰まった感じが抜けなかったり、圧迫感があって苦しいヒステリー球。

 

真面目で、責任感が強く、ストレス発散が苦手な人がなりやすいと言われています。

 

一般的な治療で効果が出ない場合、精神科を紹介されることもあります。よくなれば良いのですが、回復が思わしくないと、真面目で責任感が強い方はますます思い悩むことになります。

 

当院に来院するのは、病院の治療では思うような回復が見られない方がほとんどです。中にはもう治らないと諦めている方もいらっしゃいます。

 

ヒステリー球は、第三者からは理解されにくい病気です。周りの人に相談もできず、出口の見えない暗闇に取り残されてしまったような感覚に陥る方も少なくありません。

 

そんな時にこそ、当院の鍼灸が役に立つはずです

 

私達は、一刻も早く、不安を解消して頂きたいと考え、技術を磨いています。

 

技術を磨くために、週に一度、院を休診にし、北斗病院で医師と共に、研修を重ねています。

 

ヒステリー球の治療は、鍼治療技術の集大成です。結果を出すためには、最高水準の技術が必要です。

 

鍼にしかできない治療効果を最も感じて頂ける分野であり、治療家人生を賭ける価値があるものと考えています。

 

ノドの違和感を解消して健やかな生活を取り戻す喜びを、多くの方と分かち合えることを願っています。

 

不安なことがあれば、些細なことでも相談してください。

 

当院で私たちと一緒に、ヒステリー球を克服する道を見つけていきましょう。

 

 

Twitter