札幌市・白石区の鍼灸院|医師との共同研究で磨かれた、やさしい鍼(はり)の専門家

喉の違和感・つまり感の症例

【症例1】喉のつまりと息苦しさ

1ヶ月以上続くストレスから、喉に何かが詰まったような感じと、息苦しさが続くようになり「常に気持ち悪い」と感じている症状のご相談でした。症状の強さにかかわらず、病院では原因不明とされ、医師の説明も乏しく、不安を感じてらっしゃいました

症状

喉のつまり・ヒステリー球の症例1

来院時の状態

  • 喉に何かが詰まったような感じが続き、気持ち悪い。
  • 仕事の後、夕飯前に症状が強くなる
  • 一ヶ月、強いストレスが掛かる環境が続いた
  • 息苦しく動悸が激しくなる時がある。
  • 病院の検査(レントゲン・CT)では異常なし
  • 薬を飲んでいるが改善しない

 

来院者

男性 30代

通院

期間:2020年4月〜2020年5月

通院回数:6回

通院間隔:週に1回

喉の違和感への治療と経過

東洋医学では梅核気と言われる症状です。病院ではこういった症状はヒステリー球・咽喉頭異常感症・咽喉神経症と呼ばれ精神的な問題が原因とされます。

【初診】

喉に触れてみると、こういった症状に特徴的な強張りがはっきりと出ていました。筋肉でいうと胸鎖乳突筋の部分です。ここを緩めるツボが手にあるので鍼をしました。

次に、喉の深いところ(輪状咽頭筋)の緊張を緩めるために、足のツボに鍼をしました。鍼をしてすぐ「喉の違和感がほとんどない」と感じていただけました。

 

 

 

【2回目】

「前回の施術後、毎日あった違和感が週に2回程度に減った」と報告していただきました。前回と同様の施術に加え、息苦しさを軽減するため、関連する腕のツボに鍼をしました。呼吸に深く関わる胸と背中の緊張の緩和が見られました。

【3〜6回目】

施術を繰り返すたびに、症状が出る頻度が減り、5回目までには日常的に「ほとんど気にならない状態」になりました。

まとめ

  • 強いストレスから慢性化した喉の強張りが違和感を生み出していた。
  • 関連する手と足のツボへの鍼で喉の緊張状態が緩和された。
  • 症状が緩和することで精神的にも開放感が生まれた
  • 精神的な問題とされても、鍼で体に変化を起こすことで回復に向かう事も多い

使ったツボ

喉の違和感・つまりの改善治療例で使ったツボ1

 

喉の違和感・つまり感について詳しくは

関連記事

お問い合わせ

 

お問い合わせはコチラ

お電話での予約・お問い合わせはコチラ

☎︎ 011-598-9049
受付時間 9:00〜19:30

休診日 日・月・木曜日

 

ネットでの予約・お問い合わせ

 

LINEでのお問い合わせ

 

 

※友達追加していただいた後、LINEでメッセージをお送りください。

 

わたし達が担当します

 

須藤るる (Lulu Sudo)

鍼灸師・北斗病院鍼治療センター鍼灸師

 

ヒステリー球をはじめ、突発性難聴、耳鳴り、めまい、メニエール病などの耳鼻科領域、生理痛、PMSなどの婦人科疾患などの不調を得意としています。女性鍼灸師だからこその強みを活かして、お役に立ちたいと思っています。

 

 

 

若林 耕(Kou Wakabayashi)

札幌,鍼灸師,若林耕鍼灸師・北斗病院鍼治療センター鍼灸師

 

ヒステリー球の墓にも、突発性難聴、耳鳴り、メニエール病、感音性難聴などの耳鼻科領域、肘・膝の痛み、腰痛、脊柱管狭窄症、足底筋膜炎などの症状を得意としています。プロボクサーだった経験から、スポーツ系の不調、セルフケアにも通じています。できるだけ早い回復を一緒に目指しましょう。

 

 

谷地一博 (Kazuhiro Yachi)

鍼灸師・医学修士・北斗病院精密医療センター共同研究鍼灸師

 

ヒステリー球、突発性難聴、耳鳴り、めまい、メニエール病、頭痛、偏頭痛などの症状も得意としています。他の医療機関で回復がみられなくても、一度ご相談ください。

 

  • 電話受付
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
Twitter