札幌市・白石区の鍼灸院|医師との共同研究で磨かれた、やさしい鍼(はり)の専門家

【喉の違和感の症例2】食事の際の飲み込みづらさ

2週間前から、「食事の際に飲み込みづらい」と感じるようになった症状のご相談です。「自粛生活が続いたからかも」と心配なされていました。

 

症状

来院時の状態

  • 発症は2週間前
  • 食事の際に飲み込みづらい
  • 喉に何かあるような違和感が気になる

 

来院者

女性 30代

通院

  • 期間:2020年5月
  • 通院回数:2回
  • 通院間隔:週に1回

喉の違和感への治療と経過

喉に触れてみると、喉の異物感に関連する特徴的な強張りがありました。輪状咽頭筋の過緊張と考え、緩和するために足のツボに鍼をしました。すぐに「喉がスッキリした感じがする」との事でした。

二日後に数時間だけ異物感を感じたものの、その後、異物感はなくなり、その状態が続くようになったので、施術を終了としました。

まとめ

  • ヒステリー球や梅核気と言われる症状
  • 喉の強張りの種類はいくつかある。
  • 強張りのポイントを正確に把握できたのが早期改善につながった。
  • 足の緊張は喉の違和感に深く関わっている事が多い。

使ったツボ

 

喉の違和感・つまり感について詳しくは

関連記事

お問い合わせ

 

お問い合わせはコチラ

お電話での予約・お問い合わせはコチラ

☎︎ 011-598-9049
受付時間 9:00〜19:30

休診日 日・月・木曜日

 

ネットでの予約・お問い合わせ

 

LINEでのお問い合わせ

 

 

※友達追加していただいた後、LINEでメッセージをお送りください。

 

わたし達が担当します

 

須藤るる (Lulu Sudo)

鍼灸師・北斗病院鍼治療センター鍼灸師

 

ヒステリー球をはじめ、突発性難聴、耳鳴り、めまい、メニエール病などの耳鼻科領域、生理痛、PMSなどの婦人科疾患などの不調を得意としています。女性鍼灸師だからこその強みを活かして、お役に立ちたいと思っています。

 

 

 

若林 耕(Kou Wakabayashi)

札幌,鍼灸師,若林耕鍼灸師・北斗病院鍼治療センター鍼灸師

 

ヒステリー球の墓にも、突発性難聴、耳鳴り、メニエール病、感音性難聴などの耳鼻科領域、肘・膝の痛み、腰痛、脊柱管狭窄症、足底筋膜炎などの症状を得意としています。プロボクサーだった経験から、スポーツ系の不調、セルフケアにも通じています。できるだけ早い回復を一緒に目指しましょう。

 

 

谷地一博 (Kazuhiro Yachi)

鍼灸師・医学修士・北斗病院精密医療センター共同研究鍼灸師

 

ヒステリー球、突発性難聴、耳鳴り、めまい、メニエール病、頭痛、偏頭痛などの症状も得意としています。他の医療機関で回復がみられなくても、一度ご相談ください。

 

  • 電話受付
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
Twitter