札幌市・白石区の鍼灸院|医師との共同研究で磨かれた、やさしい鍼(はり)の専門家

【突発性難聴 症例19】風邪により発症した「耳のこもり」と「耳鳴り」

症例19 風邪がきっかけとなった突発性難聴・耳鳴

患者

女性 30代

来院

2018年 11月

通院

週2〜3回

通院回数

11回

症状

来院2週間前、風邪をひいて「めまい」「耳のつまり」を感じた。

 

2日後、耳鼻科にて突発性難聴と診断された。「プレドニン」「アデホスコーワ」が処方された。1週間服用したところ、聴力が少しだけ回復したが、「ギーン」という耳鳴りと、耳のこもった感じが残った。さらに1週間、薬の服用を続けたが、耳鳴りと耳のこもった感じが強くなってきた。

 

耳鼻科だけでの治療に不安を感じ、突発性難聴・耳鳴りについて調べたインターネットで当院を知り、来院へいたる。

治療と経過

風邪と同時期に発症していることから、鼻や喉の問題が突発性難聴・耳鳴りを引き起こしていると考えた。

 

触診をすると、首回りと背中に強い緊張があった。呼吸に関連する箇所であったため、この緊張が鼻や喉の問題を引き起こしていると考えた。関連する膝裏、肩甲骨のツボに鍼をしたところ、緊張が解消して「呼吸が楽になった」とのこと。

 

同様の施術を続けたところ、7診目で聴力検査の値が正常値に回復した。「ジリジリというセミの鳴き声のような耳鳴り」が残っているとのことだった。11診目で、「耳のつまりが無くなり、耳鳴りがほとんど気にならなくなった。」とのこと。その後、良い状態が2週間安定して続いたので、治療を終了とした。

使用した主なツボ

委中R 陰谷R ふくら3R

考察

風邪がきっかけとなって突発性難聴・耳鳴りが発症する例は多い。鼻や喉の炎症が、近くにある耳の問題へとつながっていると考えられる。耳の機能はダメージを受けると回復しづらい。風邪が治っても、難聴や耳鳴りの症状が残ってしまうことも少なくない。また、鼻炎や咳止めの薬の一部は、耳鳴りや難聴を引き起こす副作用がある。鍼治療は鼻や喉の症状にもアプローチ出来るため、上手く活用すれば、風邪由来の突発性難聴・耳鳴りを早期改善に繋げることが出来る。

 

【YT0010918】

突発性難聴・他の症例

・突発性難聴・人の声がボワーンと響く

風邪の後、聴力が失われた突発性難聴

突発性難聴関連記事

突発性難聴・耳鳴りの鍼灸治療について

突発性難聴の患者さんに、耳鼻科の医師がドライな態度をとるのには理由があった

突発性難聴の施術を得意とする鍼灸師が難聴になって実感したこと。回復の兆しから完治までの記録。

  • 電話受付
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • ネット予約
    ネットで予約する
  • 営業日カレンダー
    « 2019年12月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    • 休日
  • アクセス
    所在地
  • オフィシャルブログ
  • 最近の投稿
  • 一般社団法人 整動協会 SEIDO ASSOCIATION
  • ツボネット